2010年01月16日

英国の歌姫スーザン・ボイル、空港で錯乱!大騒ぎに!

スーザン・ボイル、空港で錯乱状態!モップをマイクに卑猥な言葉-ロンドン、ヒースロー空港ラウンジで

英国の歌姫スーザン・ボイルが、ヒースロー空港のラウンジで錯乱状態となり、警備員に取り押さえられる騒動を起こした。

空港スタッフに介護され正気に戻った後、何事もなかったように、オプラ・ウィンフリー・ショーに出演するためアメリカへと出発した。

目撃者によると、突然モップをマイクに見立てて大声で歌いだし、卑猥な言葉を連呼していたとのこと。


何が切っかけで爆発したのか分からないが、かなり心配だ。

せっかくの美声が台無しにならなければ良いのだが。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100115-00000021-flix-movi

スーザン・ボイル、空港で錯乱状態!モップをマイクに卑猥な言葉-ロンドン、ヒースロー空港ラウンジで

1月15日23時21分配信 シネマトゥデイ

 現地時間12日、大晦日にNHK紅白歌合戦にもゲストとして出演した、48歳の歌姫スーザン・ボイルがロンドンのヒースロー空港で錯乱状態に陥り、回りにいる人々を驚かせた。スーザンは去年も精神錯乱のため一時入院したことがある。目撃者によるとラウンジでくつろいでいたスーザンは、いきなりモップをマイクに見立てて大声で歌いだし、叫んでいたところを警備員によって取り押さえられたという。

 サン紙に関係者が語ったところによると「スーザンは、あきらかに普通ではありませんでした。ラウンジで歌って踊って、ものすごく大きな声で卑猥な言葉を叫んでいました」とスーザンが異常な行動をとっていたことを明かした。

 取り押さえられたスーザンは空港スタッフの介護によって正気を取り戻したようだ。ブリティッシュ・エアウェイズのスポークスマンは「ブリティッシュ・エアウェイズのラウンジで彼女は錯乱しており、落ち着いていただくようにいたしました」と事実を認めている。

 正気を取り戻したスーザンは、その後、何事もなかったかのようにオプラ・ウィンフリーのトークショーに出演するためアメリカに飛び立って行った。スーザンは昨年もイギリスのテレビ番組の歌唱コンテスト番組で優勝を逃した後、周りの人に水をかけたり、大声で叫んだりと錯乱状態になり警察に保護されており、その後一時入院している。(BANG Media International)


Powered by ScribeFire.

posted by エンタメニュース at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | エンタメ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月15日

TOKIO国分の恋人報道の不思議、箝口令が敷かれているのか!

「TOKIO」国分、交際相手は32歳TV局員

TOKIO国分太一の交際相手が判明!

昨年の3月発売の女性自身で、恋人の存在を明かしていた、TOKIOの国分太一だが、

お相手は、3歳年下の在京テレビ局勤務の女性社員ということが分かった。

報じたのは、スポーツ報知だが、他のメディアからのフォローがないことが、気になる。

国分太一にニュースバリューがないかといえば、そんなはずもないので

他のメディアが沈黙を保っているのは、なんとも不気味だ。

ジャニーズ事務所から箝口令を敷かれているのだろうか。

それとも、ジャニーズ相手なんで、裏取りなどの慎重な対応をしているということか。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100115-00000010-sph-ent

「TOKIO」国分、交際相手は32歳TV局員

1月15日8時1分配信 スポーツ報知
 TOKIOの国分太一(35)が、3歳年下の在京テレビ局勤務の会社員Aさんと交際していることが14日、分かった。

 関係者によると、Aさんは長年、広報関係の部署に勤務していたが、最近になって別部署へ異動したという。国分は昨年3月発売の「女性自身」のインタビューで恋人の存在を告白。「時には朝食も作ってくれます。普通の心を持っているというか、そういう部分にひかれました」などと語っていた。所属のジャニーズ事務所は「会社員との交際は聞いてますが、結婚などの報告は受けていない」としている。


Powered by ScribeFire.

posted by エンタメニュース at 15:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月14日

『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』、今週映画公開!小説も読んどけ!

あまりにむごい陵辱シーンに賛否両論 世界的ベストセラーの映画化 女性の生き方探る

世界的なベストセラー小説を映画化した作品『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』が、今週土曜日から公開される。

これは、スウェーデン発のミステリー小説が原作で、全世界で2100万部以上売れている。

日本でも、早川書房より刊行され、シリーズ累計25万部を越すベストセラーとなっている。

また、宝島社の『このミステリーがすごい』でも、第2位で、シリーズ全てがトップ10入りしている。

というようなスゴイ作品なんだが、タイトル見ただけでパスした私は涙目(^^;

今更ながら、ちゃんとチェックしとけば良かったと後悔してるよ。

とりあえず、映画を先に見てから、小説を読んでも、イイよね。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100114-00000002-flix-movi

あまりにむごい陵辱シーンに賛否両論 世界的ベストセラーの映画化 女性の生き方探る

1月14日4時21分配信 シネマトゥデイ

 作者の急死後、全世界で2,100万部売れ、今世紀最大のミステリーと、社会現象になっている大ベストセラーが『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』として映画化されたが、劇中のあまりにむごい陵辱シーンが物議を醸している。

 物語はスウェーデンのとある孤島を舞台に、40年前の少女失踪(しっそう)事件に絡む謎解きがスリリングに展開していくが物語のネックになっているのは女性に対する陵辱だ。主人公の天才女性ハッカー、リスベットはハッカーゆえに服役していたのだが、出所後その後見人となる人物に脅され、陵辱の限りを尽くされる。

 あまりにむごい仕打ちに、評論家などの間でも賛否両論、物議を醸しているが、このシーンは単なるエロチックシーンとして物語に組み込まれているわけではない。スウェーデンでは女性の13パーセントがパートナー以外の男性から性的暴行を受けたことがあるというショッキングなデーターがある。しかし、女性は黙って泣き寝入りする例がほとんどだ。この悲しい事実が物語の根底にも根付いている。主人公リスベットを演じたノオミ・ラパスは、「リスベットは自分というものを持って、自分の信じることに向かって迫害を受けながらも諦めずに戦っています。そういう彼女だからみんなリスベットのことが好きなのです。われわれは難しい社会に生きていますからね」と物語が弱い立場の女性が強く生きていくためのヒロイン像を見事に描いていることをコメントしている。

 また、このシーンが果たして必要だったかについていろいろな意見があるが、そのことについても「とても大事なシーンでした。あのシーンがないとほかが成り立たなかったのです。悲惨な人生を送って来た彼女があの問題をどう乗り切るかが彼女の人生を象徴していたのです。正義、社会のシステム。後見人は社会を意味し、彼女を犯し、ぞうきんのような扱いをする、それは彼女と世界の関係を表していたのです」と述べている。

 これは、スウェーデンが特別という話ではなく、全世界の女性に共通した叫びでもある。身体的、社会的に弱い立場に置かれた女性が社会にどう対峙していくのかという普遍的テーマも含んでいるサスペンスミステリーなのだ。

映画『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』は2010年1月16日よりシネマライズほかにて全国公開


Powered by ScribeFire.

posted by エンタメニュース at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | エンタメ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もっと芸能ニュースを見るなら
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。