2010年02月05日

朝青龍引退!相撲取りはサムライなのだ!

朝青龍が引退!!! 最後に男気みせた…貴乃花ニヤッ

横綱・朝青龍が、昨日夕方、大相撲からの引退を表明した。

場所中の暴行騒ぎが、平成の大横綱の息の根を止めた。

自業自得ではあるが、もったいない話だ。

こうなる前に、相撲取りというもの、横綱というものを、きちんと教える人間はいなかったのだろうか。

本来なら、師匠である高砂親方が、教えなければならないはずなのだが。

相撲取りとは、ある意味、サムライでなければならない。

しかも、現実のサムライではなく、美化された存在としてのサムライでなければならないのだ。

なぜ、「相撲取りは、ちょんまげをしているのか」ということを考えたことがあるだろうか。

あれは、サムライの象徴なのだ。

武士道精神を重んじなければならないのだ。

分かりづらければ、サムライを紳士と置き換えてもいいけどね。

相撲取りの頂点である横綱には、特に、求められるものだ。




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100204-00000013-ykf-spo

朝青龍が引退!!! 最後に男気みせた…貴乃花ニヤッ

2月4日16時57分配信 夕刊フジ

 大相撲の横綱朝青龍(29)=本名ドルゴルスレン・ダグワドルジ、モンゴル出身、高砂部屋=が4日、現役引退を表明した。朝青龍は初場所中に知人を暴行したとされ、相撲協会が処分を検討するなど大きな問題になっていた。

 朝青龍は同日、暴行問題への対応を協議する相撲協会の理事会に師匠の高砂親方(元大関朝潮)とともに出席。事情説明を求められていた。厳罰も予想されたことから、自ら引退を申し出た可能性もある。

 理事会を前に、元警視総監の吉野準監事は「理事会で何を話すかは秘中の秘」と話し、朝青龍問題を徹底的に討議することを示唆していた。

 朝青龍と高砂親方が理事会に召喚されたのは、理事会を一時中断した後、午後1時過ぎ。朝青龍は同1時10分に羽織はかまの正装で国技館入り。約25分間、事情を聴かれた後、口を真一文字にして一言も発せず別室へ。朝青龍とともに理事会に呼ばれた高砂親方は「報告をしただけ」と話した。相撲協会は高砂親方にも調査を指示していた。

 この後、再度朝青龍と高砂親方が理事会に呼ばれ、高砂親方はいったんは「結論は出ていない」と話したが、その後「結論は出た。こんなところで話したくない」と報道陣を遮り、直後に引退するのかとの質問に、「うん」とうなずいた。

 朝青龍は報道陣に対し、「いろいろお世話になりました。引退します。世間をいろいろ騒がせた。今は晴れたような気持ちだ」と語り、その後、引退会見に臨んだ。


Powered by ScribeFire.

posted by エンタメニュース at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/140308382
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

もっと芸能ニュースを見るなら
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。