2010年01月29日

後藤真希、まわりのフォローがあれば立ち直れる!

悲痛ゴマキ、つんく♂が死後メールやりとり告白「すまんな」

昨日28日、後藤真希の母親の告別式が営まれた。

告別式では、気丈に振舞ってた後藤真希の姿が、参列者の涙を誘っていたとのこと。

告別式に参列した、音楽プロデューサー”つんく♂”が、メールのやり取りをしたことを明かした。

「『かける言葉もなくてすまんな』と送ったら、『お通夜と葬儀をしっかり頑張りますから、つんく♂さんも来てください』と返事をくれた。状況をしっかり把握して、踏ん張っているのが伝わった」


何気ないメールではあるが、師弟の関係性が伺われる内容だ。

しばらくの間、芸能活動は、未定となったようだが、まわりからのフォローがあれば、この悲しみからも立ち直れるはず。

めげずに頑張ってほしい。





http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100128-00000008-ykf-ent

悲痛ゴマキ、つんく♂が死後メールやりとり告白「すまんな」

1月28日16時56分配信 夕刊フジ

 元モーニング娘。の歌手、後藤真希(24)の母で、23日深夜に自宅から転落死した後藤時子さん(55)の告別式が28日、都内の斎場で営まれ、親族、知人、関係者ら約200人が参列した。母思いの真希は最後まで気丈に振る舞い、参列者の涙を誘った。

 喪主は長姉が務め、棺には、家族で記念撮影した写真と、時子さんが好きだったという真希の曲「with…」の歌詞カードが納められた。戒名は「時誉晴月梅香信女(ときよせいげつばいこうしんにょ)」。

 この日、和装の喪服姿の真希は午前8時半ごろ、黒のワゴン車で斎場に到着。マネジャーに付き添われ、やや足早に歩き、落ち着いた表情で報道陣に会釈した。

 斎場には、恩師の音楽プロデューサー、つんく♂(41)、モー娘元メンバーの矢口真里(27)、藤本美貴(24)、小川麻琴(22)、現メンバーの高橋愛(23)と新垣里沙(21)、メロン記念日、真希と仲がいい「GIRL NEXT DOOR」のボーカル、千紗(24)らが次々と駆けつけた。

 式は報道陣に非公開で行われた。関係者によると、真希は時折涙ぐむ場面もあったが、姉たちと気丈に参列者に応じていたという。

 午前10時50分ごろに出棺。和服姿でほほえむ時子さんの遺影をかかげる次姉の隣で、真希は涙をこらえながら、時子さんの眠る棺が霊柩車に運びこまれるのを、じっと見つめていた。

 式の終了後、真希は所属事務所を通じ、「このたびはあまりに突然のことで、自分の気持ちを整理できず、ファンの皆様、お仕事の関係者の皆様にご心配をおかけしてしまいました」とコメントを発表。

 「たくさんの方々と一緒に母を見送ることができ、私もやっと少し落ち着けるような気がします。にぎやかな場がとても大好きだった母のことだから、きっと喜んでくれると思います。皆様の温かいお気持ちに感謝します」と心境を述べた。

 つんく♂は、時子さんの死後、真希とメールでやりとりをしたといい、「『かける言葉もなくてすまんな』と送ったら、『お通夜と葬儀をしっかり頑張りますから、つんく♂さんも来てください』と返事をくれた。状況をしっかり把握して、踏ん張っているのが伝わった」と語った。

 弟(23)が起こした強盗致傷事件の影響で芸能活動を休止した際、真希は「お母さんが子供みたいに甘えてくる。1年ぐらい休んで世界旅行でもしたい」と、つんく♂に伝えたという。

 「そのぐらい母ちゃん思いだった。ライブのMCも、3回に1回か2回は母ちゃんネタだった」と沈痛な面持ちで語り、「お前には音楽がある。ファンがいる。まっすぐに進んでいけばいい」と真希を励ましたことも明かした。


Powered by ScribeFire.

posted by エンタメニュース at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

もっと芸能ニュースを見るなら
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。