2009年10月28日

石川遼、こんなファンはイヤだ!

石川遼「激怒」事件と“モンスターファン”

プロゴルファーの石川遼が、プレイ中に怒りの表情を見せたことがあった。

日本オープン選手権の最終日18日、6番ホールでの第4打での出来事。

バンカーショットを打つ直前、観客の携帯電話からカメラのシャッター音が鳴り響いたのだ。

おかげで、スイングを中断するはめになり、集中力を奪われた石川遼はスコアを落とし、結果として優勝も逃してしまった。

これは、以前にも取り上げたことのあるニュースだが、あらためて考えてみたい。

ここ最近、石川遼の出現により、男子プロゴルフの人気が高まっているが、それに伴い、ゴルフを理解してない石川ファンが急増。

問題なのは、石川遼個人のファンが、イコール、ゴルフのファンとは限らないということ。

アイドルのオッカケと同じで、傍若無人な態度で、ゴルフファンの失笑を買っている。


日本オープンの次の週、つまり先週のブリヂストンオープンでも、あり得ない事件があった。

石川遼の初日ラウンドで、林に打ち込んだボールを、あろうことか盗もうとした中年女性がいた。

周りの人間が気づいて未遂に終わったのだが、記念に持って帰ろうとしていたのだから、開いた口が塞がらない。

ラウンド終了後に、その話を聞いた石川遼も、苦笑いをしていたとか。

このようなファンに対して、主催者も、厳しく取り締まってほしいものだ。





http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091027-00000581-san-golf

石川遼「激怒」事件と“モンスターファン”

10月27日17時35分配信 産経新聞

 男子ゴルフの石川遼が珍しく怒りをあらわにした“事件”は記憶に新しい。ゴルフ日本一を決める日本オープン選手権の最終日(18日)、6番ロングの4打目。ピンまで約40ヤードのバンカーショットを打とうとした瞬間、観客の携帯電話からカメラのシャッター音が鳴り、スイングを中断。その方向をにらむと、右手で太ももを2度もたたき、怒りをあらわにしたのだ。

 この記事について早速、本紙の読者サービス室に“抗議”の電話があった。いわく、「あのさわやかな遼クンが、シャッターの音ぐらいで怒るわけがない」というのだ。

 おそらく石川のファンなのだろう。現場で取材した本紙記者は「誇張でも何でもなく、本当に怒っていた」と証言する。いったい、石川が「怒るわけがない」というのはどういう根拠なのだろうか。

 石川の登場で男子ゴルフ界はにわかに活気づいた。ギャラリーの数も2006年当時は43万8772人だったのが、右肩上がりに増えて、昨シーズンは52万人を突破した。だが、ファンの増加とともに、マナー違反が目につくようになったのも否めない。プレー中の撮影は禁止。携帯電話も電源を切るのがマナーだ。ところが、これを守らない人が実に多い。コースの係員が注意しても「金はらっているんだからいいだろう」と開き直られることもあるという。

 宮里藍が逆転優勝したSANKYOレディースの最終日(11日)でもこんなことがあった。宮里藍がホールアウトした時点で首位の全美貞とは1打差。「優勝はもうないな」とあきらめていたという。ところが、全美貞が最終18番の第3打を池に入れ、タナボタで優勝が転がり込んだのだ。

 この時の心境について宮里藍はブログにこうつづっている。

 〈ミジョンさんが池に入れてしまった時の拍手、私としてはとても心が痛かったです。非常にその拍手が残念で仕方ありませんでした〉

 米ツアーでは誰に対してもいいプレーには惜しみなく拍手が送られ、ミスにはため息が漏れる。それを思うと日本のマナーはまだまだ発展途上と思わざるを得ない。

 ひいきの選手を応援したい気持ちは分かるが、時としてその行為が選手を怒らせたり、悲しませたりもする。熱心な応援のつもりでも、もしかしたら“モンスターファン”になってしまっているのかも…。(本間普喜)


Powered by ScribeFire.

posted by エンタメニュース at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

もっと芸能ニュースを見るなら
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。