2009年06月29日

仲村みうのエヴァおたくっぷり

「今までで一番怖かった…」仲村みう、ファン700人の前で綾波コスプレ披露

仲村みうが、映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』の“ネルフ広報局第1課長”に就任、公開2日目におこなわれたイベントで、作中の登場人物・綾波レイコスプレを披露した。

同イベントで、中1からのファンで、エヴァンゲリヲン同人誌に参加したり、コスプレをしたりと、ハマリっぷりを赤裸々に語っている。

ローティーンアイドルとしてデビューし、その過激な水着のグラビアで有名になった仲村だが、たびたび、ブログでも公開するほどのコスプレ好きとしても知られている。

また、自己プロデュース能力に長けていることから、所属事務所の取締役に就任したことも有名。


それにしても、自前のカツラを持参したとのことでが、ホントにコスプレしてるんですね。

芸能界では、ほかにも、加藤夏希や、主題歌を提供している宇多田ヒカルなどが、ファンであることを公言してますし、バラエティー番組「アメトーク」でも、エヴァ芸人なんていう特集があったりして、その影響力は侮りがたしという感じです。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090628-00000002-oric-ent
「今までで一番怖かった…」仲村みう、ファン700人の前で綾波コスプレ披露

6月28日15時57分配信 オリコン

 現在公開中の映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』の“ネルフ広報局第1課長”に就任したタレント・仲村みうが28日、東京・新宿で行われた公開イベントに同作の登場人物・綾波レイのコスプレ姿で登場した。会場に駆けつけたファン700人に大好評だったが、仲村は「大勢のエヴァファンを前に(コスプレ)して、今までで一番怖かったです」と、不安そうにはにかんだ。

 同作の公開と同時に、27日、28日の2日間に渡り開催された『第3新歌舞伎町宣言』では、公開初日に同所の映画館・新宿ミラノ前に早朝から行列ができるなどの大盛況をみせた。イベントでは同人誌を執筆していたこともあるという仲村が「5分で描きました」と即席で綾波のイラストを披露したり、「結婚と恋愛は違うから、結婚するなら初号機、付き合うなら最近は(碇)シンジがいいかなと思う」など“エヴァ”トークで会場を盛り上げた。

 中学1年生のときに初めてエヴァを観てから大ファンだという仲村は、イベント後の報道陣のインタビューでもエヴァへの熱い想いが止まらない。コスプレについて「中1のときから趣味でした。まさか仕事で着るとは……。メインは綾波の制服で、(式波・)アスカ(・ラングレー)も1回だけやりました」と明かし、「初めて観たとき、すごい衝撃がありました。エヴァ特有の理解が簡単には出来ないあの終わり方。これからの展開への期待は、最後まで考えさせてくれることを願って、それ以上は何も言いません」などと“ネルフの広報課長”として魅力を存分に語っていた。

posted by エンタメニュース at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

もっと芸能ニュースを見るなら
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。