2010年01月23日

高見盛の熱愛?の相手、松坂南が出演していたエッチな作品とは!

高見盛と熱愛の松坂南、香港映画で脱いでいたことバレた

グラビアアイドル松坂南が、映画『金瓶梅』で、激しい濡れ場を演じていることが分かった。

映画『金瓶梅』は、中国4大奇書の一つに数えられ、過激な性描写と強烈な社会風刺で、たびたび禁書扱いとなった原作を映像化した作品。

香港で製作されたが、原作同様、激しい性描写のため成人映画扱いとなっている。

東南アジア各国で、大ヒットしたのをうけて、満を持して、日本でも2月から公開される予定。

このエロティック大作に、「森川由衣」(当時の芸名)として、松坂南が主人公の母親役で出演している。

映画の冒頭、瀕死の母親が、夫との最後の情交に臨むシーンがあり、バストもあらわに激しい濡れ場を演じている。


ということだが、以前、この映画を取り上げたことがあったが、再度、取り上げることになるとは、思わなかった。

しかも、高見盛の想い人が、出演しているとは、ちょっと驚いた。

世の中、何がどうなるか、分からないものだね。


別に、”バレた”わけでもないし、”封印された過去”でもないと思うので、ゴシップ扱いはどうかと思う。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100122-00000015-ykf-ent

高見盛と熱愛の松坂南、香港映画で脱いでいたことバレた

1月22日16時57分配信 夕刊フジ

 大相撲の高見盛(33)との熱愛がうわさされている、Lカップバストのグラビアアイドル、松坂南(25)が、香港映画「金瓶梅」でバストを全開、激しい濡れ場を演じていることが分かった。本人のプロフィルに無い“封印された過去”がひょんな形で露わになった。

 身長165センチ、B115・W57・H85のナイスバディーで先月にDVD「暴乳」をリリース、高見盛との熱愛もあって知名度が急上昇中の松坂が脱いでいた。「金瓶梅」は、中国の奇書として知られる小説がベースの香港三級片(成人映画)。大富豪の家に生まれた主人公が究極の性愛を手に入れようと次々と美女と交わるアジアン・エロスで、2007年に撮影された。

 この作品にキャスティングされている「森川由衣」が実は松坂その人だった。

 主人公の母親役で、病で死ぬ間際という設定だ。見せ場はいきなりやってくる。冒頭、夫にセックスをせがみ、一時的に元気を取り戻すため乳首に針をうたれる。やや体を起こし気味の仰向けポーズでも、その巨乳の存在感は抜群。その後、女性上位での激しいカラミは、Lカップのバストが波を打つように揺れ、迫力満点なのだ。

 この作品を日本で配給する映画会社トルネード・フィルムでは「詳細はノーコメント」と慎重だが、別の関係者は「間違いない」と断言。「3年前に撮影されたときは、日本公開の話も出ていなかった。それがアジア各国で大ヒットしたので日本でも上映が決まり、こういう形で日の目を見ることになってしまった。松坂が以前所属していた事務所時代の仕事のようだ」と話す。

 週刊誌などでは「高見盛はダマされている」など、2人の交際を危ぶむ記事も出始めているが、あの爆乳では、たとえダマされていたとしても男としては悔いなし、か。

 「金瓶梅」は、2月13日から東京・渋谷ライズXほか全国で公開。


Powered by ScribeFire.

posted by エンタメニュース at 13:41| Comment(0) | TrackBack(0) | エンタメ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月21日

仲里依紗、コスプレ率高いかも(笑)

悩殺!妖艶な黒のボンテージでヤンキー座り!正体不明のゼブラクィーンが解禁

映画『ゼブラーマン2 ゼブラシティの逆襲』に出演する仲里依紗のセクシーなボンデージファッションが公開された。

仲里依紗が演じるゼブラクィーンは、ゼブラシティと名を変えた東京で、カリスマ的な人気を誇るディーバ。

過激なボンデージファッションに身を包み、M字開脚で、観客を挑発する。


ということだが、仲里依紗って、意外と、コスプレしてること、多いよね。

今回は、ボンデージファッションだけど、ドラマ『ハチワンダイバー』では、メイド服を着てたし。

まあ、たまたまかもしれないけどね(^^;



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100121-00000003-flix-movi

悩殺!妖艶な黒のボンテージでヤンキー座り!正体不明のゼブラクィーンが解禁

1月21日6時0分配信 シネマトゥデイ

 三池崇史監督と人気脚本家、宮藤官九郎がVシネマ界の帝王、哀川翔とタッグを組んだ映画『ゼブラーマン』の第二弾『ゼブラーマン2 ゼブラシティの逆襲』で圧倒的な存在感を放つゼブラクィーンの姿が明らかになった。このゼブラクィーンはゼブラシティではカリスマ的人気を誇る歌姫で、本作の主題歌・挿入歌も担当、4月には実際にCDをリリースする。

 その姿は、セクシー度マックスな妖艶な黒のボンテージ姿。劇中でも冒頭で狂喜乱舞のライブシーンが盛り込まれ、導入部にかなりのインパクトを与えている。物語の設定ではゼブラクィーンはゼブラシティでカリスマ的な人気を誇る2025年型超絶アーティスト。世の中に白黒つける都市・ゼブラシティでヒットチャート40週連続ナンバーワンのスーパーアイドルだ。その一度聞いたら忘れられない歌声でゼブラシティを凌駕する。しかし、その正体、実は都知事の娘でエイリアンを地球上で暴れさせ、それを倒すことで、“地球を救ったスーパーヒロイン”として全世界に君臨しようという悪だくみを胸に秘めていた。

 哀川演じるゼブラーマンと対決の日はやってくるのか? 気になるのはその見た目ではわかりにくい姿から、誰が演じているのかということだ。実はある清純派の有名女優が演じているらしいのだが、配給元の東映では「女優さんの名前は明かせません」と公開まで引っ張る気満々だ。

 参考までにゼブラクィーンのプロフィールを紹介する。好きな場所…葬儀場、好きなアーティスト…美川憲一、好きな街…目黒、好きなタイプ…白黒つける人(年下は苦手)、好きな飲物…キャラメルマキアート……と、なにやら白黒つけることが好きらしい……。

映画『ゼブラーマン2 ゼブラシティの逆襲』は2010年5月1日全国公開


Powered by ScribeFire.

posted by エンタメニュース at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | エンタメ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月19日

郷里大輔さんの死は自殺なのか?

声優郷里大輔さん自殺か=「キン肉マン」ロビンマスク役−東京

ミスターサタンやドズル・ザビの声優として有名な郷里大輔さんの遺体が17日発見された。

17日、東京都中野区の住宅街で、血を流し倒れている郷里大輔さんが発見されたが、

付近に遺書のようなメモが残されていたこともあり、警視庁中野署は、自殺との見方を示している。

いまのところ、事件性を示唆するものは発見されていないようだが、それなら、なぜ自殺なんだという疑問はある。

現在も、TVタックルでナレーターを行っているし、声優の仕事も順調で、理由が不明だ。

仕事が順調でも、プレイベートで悩みを抱えていた可能性もあるが、それにしてもね。

死亡していた場所も、なぜ、そんなところなんだというのは、ある。

ほんとに事件性はないんだろうか。

気になる。

警察発表を待ちたいと思う。


当ブログは、声優・郷里大輔さんの死を悼み、哀悼の意を表します。

謹んで、ご冥福をお祈りいたします。



郷里大輔さんの仕事に敬意を表しつつ



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100118-00000118-jij-soci

声優郷里大輔さん自殺か=「キン肉マン」ロビンマスク役−東京

1月18日18時50分配信 時事通信
 声優郷里大輔(本名長堀芳夫)さん(57)=東京都杉並区=が東京都中野区本町の住宅街で死亡していたことが18日、警視庁中野署への取材で分かった。近くに遺書のような内容のメモがあったため、同署は自殺をしたとみている。
 同署によると、17日午後3時ごろ、「人が倒れている」と通行人から通報があり、署員が現場に向かい、郷里さんを発見した。
 郷里さんは建物の間にうつぶせの状態で倒れ、手首などから血を流して死亡していた。近くにはカッターナイフがあった。
 所属事務所のホームページによると、郷里さんはアニメ「キン肉マン」のロビンマスク役や、テレビ番組のナレーションで知られた。 


Powered by ScribeFire.

posted by エンタメニュース at 14:35| Comment(0) | TrackBack(0) | エンタメ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もっと芸能ニュースを見るなら
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。