2009年12月30日

国生さゆりの婚約者ってヤバくないか?

見てる方が恥ずかし〜〜!国生アツアツ婚前バリ旅行

女優の国生さゆり、といえば、『ロンドンハーツ』の企画「格付けしあう女たち」の常連ですね。

そんな国生さゆりが、婚約者の甲田英司氏と、バリ島へ婚前旅行に出発しました。

成田空港でも取材陣に対して、幸せいっぱいの笑みを浮かべていたそうです。

ところで、この、甲田英司って誰?

ということで、調べてみたところ、いろいろと問題を抱える人物のようです。

金融庁のホームページの、報道発表資料のなかに、こんなものがありました。

「甲田 英司(ロイズ・インベストメント・パートナー)に対する行政処分について」

関東財務局長が、金融商品取引業者(投資助言・代理業)の甲田英司(ロイズ・インベストメント・パートナー)について、登録を受けた主たる営業所の所在地 を確知できないことから、金融商品取引法第52条第4項の規定に基づき、本日、登録取消し処分を行いました。(詳細は、関東財務局ウェブサイトを参照)。

あえて、ここには書きませんが、他にも、検索したら、ヤバイねたがボロボロと出てきて、ビックリです。

キーワードは、"甲田英司 暴力団"




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091230-00000048-spn-ent

見てる方が恥ずかし〜〜!国生アツアツ婚前バリ旅行

12月30日7時1分配信 スポニチアネックス

 スポニチ本紙既報通り、来春にも結婚する女優の国生さゆり(43)と、婚約者でコンサルタント会社社長の甲田英司氏(35)が29日午前、成田空港からインドネシア・バリ島へ婚前旅行に向かった。飛行機搭乗前も終始腕を組むなどラブラブ。国生は「人柄に引かれました」と幸せいっぱいの笑みを浮かべた。

 ホットな2人が出発ゲートに姿を見せたのは、出発20分前の午前10時40分すぎ。国生は「ウフフ。楽しいお正月を過ごせたらと思っています」とご機嫌。「(甲田氏の)どこに引かれた?」と質問すると、「それは…、人柄です」と照れ笑い。

 一方、甲田氏は「僕がいい人だから」とのろけた後、「中学生時代からの(国生の)ファンだったので念願の夢がかないました」と続け「結婚を前提にお付き合いさせていただいています」と男らしく答えた。

 国生はピンクのジャケットから紺のフリースをのぞかせ、モスグリーンの七分丈パンツのカジュアルファッション。甲田氏はトレードマークの眼鏡、白いブルゾンに破れたジーンズのラフな服装。搭乗するまで腕を組みっぱなしで、あまりのアツアツぶりに周囲の渡航客の方が顔を赤らめるほどだった。

 1年前から交際を始め、クリスマスイブの今月24日に甲田氏からプロポーズ。結婚の日取りは、アイドル時代の代表曲「バレンタイン・キッス」にちなんで来年2月14日の可能性もあったが、「(バレンタインデーはタレント仲間の)西川(史子)先生の結婚式に出席させていただくので」。プロポーズの“お返し”として、3月14日のホワイトデーや、ジューンブライドの6月も検討しているようだ。

 国生はデビュー前の高校時代、陸上女子100メートルでインターハイに出場したことがある。出産計画について「まあ、おいおい(考えたい)」と話したため、「子供ができたら将来は五輪選手?」と質問を続けると、「アハハ。それは子供の将来のことなので…」と笑い、機内に乗り込んだ。


Powered by ScribeFire.

posted by エンタメニュース at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月29日

押尾容疑者、年明け早々、再逮捕!怪しい人脈はどう絡んでくる?

のらりくらりの押尾容疑者…1月4日にも再逮捕へ

押尾学容疑者の取り調べは、なかなか進んでいないようだ。

泉田勇介容疑者が押尾学容疑者への麻薬譲渡を認めたにもかかわらず、あいまいな態度で、取り調べの追求をかわしているようだ。

保釈申請も出ておらず、拘置されている東京湾岸署で、年を越すことになる。

また、ホステス田中香織さんに適切な救命措置を取らず死なせたとして、来年早々に保護責任者遺棄容疑でも、再逮捕されるとのこと。


容疑自体を固めるのも重要だが、実は、押尾につながる相関関係も、ぜひとも追求して欲しいポイントだ。

PJの社長やFの会長といった財界人や、元総理Mの子弟など、怪しすぎる人脈が、どう関係するのか、気になるところだ。

可能なら、この事件の裁判があったら、ぜひとも、足を運びたい。





http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091229-00000046-spn-ent

のらりくらりの押尾容疑者…1月4日にも再逮捕へ

12月29日7時2分配信 スポニチアネックス
 一緒にマンションの部屋で合成麻薬MDMAを服用して死亡した飲食店従業員田中香織さん=当時(30)=に適切な救命措置を取らなかったとして、警視庁捜査1課は元俳優押尾学容疑者(31)を年明け早々にも保護責任者遺棄容疑で再逮捕する方針を固めた。一方、東京地検は28日、田中さんにMDMAを渡したなどとして麻薬取締法違反(譲渡、譲受)の罪で押尾容疑者を起訴。押尾被告は年末年始を拘置されている警視庁東京湾岸署で迎えることになる。

 押尾被告はMDMAを使用した麻薬取締法違反の罪で懲役1年6月、執行猶予5年とした11月の東京地裁判決が確定。田中さんの死をめぐっては、MDMAを飲んで容体が急変したのに、3時間後に知人が119番通報するなど、適切な救護措置を怠ったとして警視庁が保護責任者遺棄容疑での立件に向けて捜査を進めている。早ければ来年1月4日にも再逮捕する見通しだ。

 押尾被告は28日に拘置期限を迎え、東京地検は起訴に踏み切った。薬物事件を主導したと判断したようだ。押尾被告とともに7日に逮捕されたネット販売業の知人、泉田勇介容疑者(31)も同法違反(譲渡)の罪で起訴した。

 また、押尾被告の元マネジャー遠藤亮平容疑者(28)は、田中さんの携帯電話を捨てたとして証拠隠滅罪で略式起訴され、28日に釈放された。東京簡裁は罰金20万円の略式命令を出した。

 起訴状によると、押尾被告は7月31日、東京・六本木ヒルズのマンション一室で泉田被告からMDMAの錠剤約10錠を譲り受け、8月2日に部屋で一緒だった田中さんに相当量の錠剤または粉末を渡した、としている。

 捜査関係者によると、泉田被告は「押尾被告から頼まれてMDMAを渡した」と容疑を認める供述をしているが、押尾被告は依然として容疑を否認している。押尾被告は、捜査員が複数の知人らから得た証言を突きつけても、のらりくらりとかわしているという。

 一部では28日にも再逮捕との見方もあったが、元東京地検検事の大澤孝征弁護士は「正月ぐらいは捜査員を休ませたいと一時休戦にしたのでしょう」と指摘。押尾被告が容疑を否認し続けているだけに「弁護側が保釈を求めても裁判所が認めないはず。仮に認められそうな雰囲気になったとしても、その時はすぐに再逮捕すればいい。弁護側もこの事情が分かっているはずだから、保釈請求はしないはず」とみている。現時点で保釈請求の動きはなく、年末年始は拘置施設で迎えることが濃厚だ。


Powered by ScribeFire.

posted by エンタメニュース at 15:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月28日

黒田有容疑者のドケチっぷりはテッパン!

黒田はドケチ!ドンペリなんて飲んでない

メッセンジャー黒田有容疑者が逮捕され、ようやく本人が自供を始めたようだが、それとは別に、当日の様子もわかってきた。

夕食後にガールズバー「PURE」を訪れた容疑者らは、接客の女の子にはおごらず、自分たちだけで飲んでいたそうだ。

飲んでいたお酒も、「焼酎やハイボールなど安い酒を飲んだだけで、シャンパンなんて飲んでいない」との証言も。

しかも、そのハイボールや水割りも、一番安いウイスキーで作らせていたそうだ。

あまりに、イメージ通りで、笑ってしまうが、コレが事実なら、店の責任者がいう「高級シャンパンを飲んでいた」というのは、嘘だったということになる。

請求した25万のつじつま合わせで、「ドンペリ」という言葉が出てきたのかもしれない。

もしそうなら、かなり悪質なボッタクリバーだ。

警察には、店への追求も、お願いしたい。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091228-00000000-dal-ent

黒田はドケチ!ドンペリなんて飲んでない

12月28日9時15分配信 デイリースポーツ
 大阪市内のガールズバーで男性店長(23)に重傷を負わせたとして、傷害の疑いで逮捕されたお笑いコンビ「メッセンジャー」の黒田有容疑者(39)=大阪府東大阪市=らの事件当日の店内での様子が27日、明らかになった。店の責任者は「高級シャンパンを飲んでいた」と証言していたが、店内での様子を知る関係者は「焼酎やハイボールなど安い酒を飲んだだけで、シャンパンなんて飲んでいない」と断言。“ドケチの黒田”の真の飲みっぷりを明らかにした。
  ◇  ◇
 関係者の話を総合すると、黒田容疑者は3人で夕食を済ませた上で、午後9時ごろに大阪・ミナミのガールズバーに入店。入店1時間ほどで、さらに1人が加わり、計4人で約2時間にわたり焼酎の水割りやハイボール、カクテルなどを飲んだという。
 店の責任者は事件後、本紙などの取材に「(高級シャンパンの)ドンペリ4本など高額な酒を空けていた」と答えた。しかし、黒田容疑者らの注文の一部始終を知る関係者によると、「ドンペリなんて注文もしてなければ、誰も口にしていない。ましてや4本も空けたなんてありえない」。別の関係者も「普段の飲み方からすればドンペリなんて頼むわけがない」という。
 黒田容疑者は月額210円の携帯サイト料金すらケチっている。
 ガールズバーではカウンター越しに接客する女性店員に対して客がドリンクをおごって飲ませる流れが一般的。しかし、事件当日の黒田容疑者は「女性店員と『乾杯』もしていなかったようだし、おごることはなく、自分たちだけで飲んでいた」(関係者)と“ケチの黒田”の評判通り、女性におごる気前の良さはなかったという。
 黒田容疑者は幼少時に極貧生活を送り、“貧乏キャラ”は私生活でもしみついている。しかも飲んだハイボールは、店で最も安いレベルの「サントリーの角瓶」で作らせていたというのだ。
 事件は、約2時間の飲酒後、会計25万2000円を請求されて発生したとされるが、黒田容疑者らは最終的に代金も支払い、領収書も受け取っていたという。


Powered by ScribeFire.

posted by エンタメニュース at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もっと芸能ニュースを見るなら
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。