2009年08月16日

のりピー別荘、多くの芸能人が

酒井法子容疑者と接触か…多くの芸能人が千葉の別荘付近で目撃

のりピー夫妻が借りていた千葉の別荘近辺で、芸能人の目撃情報多数あり。

別荘のすぐ近くに海岸があり、プライベートで海を楽しむ芸能人が多いらしい。

もともと、サーフィンを楽しむための別荘なので、当然といえば当然。

芸能界のサーフィン人脈もあり、彼らの別荘に出入りしていた可能性もある。

夫の高相容疑者が逮捕された当日まで、その別荘にいたとの情報もあり、そのとき、別荘を訪れた人物がいたら事情聴取もあり得る。

そのなかには、サーフィン仲間の芸能人もいるかもしれない。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090815-00000274-sph-ent

酒井法子容疑者と接触か…多くの芸能人が千葉の別荘付近で目撃

8月16日8時0分配信 スポーツ報知
 覚せい剤取締法違反(所持)で逮捕された女優の酒井法子(本名・高相法子)容疑者(38)、同容疑で逮捕された夫で自称プロサーファー・高相祐一(41)容疑者が出入りしていた千葉・勝浦の別荘近くの海岸を、多くの芸能人が利用していたことが15日、分かった。

 関係者の20代男性によると「役者さんやミュージシャンだったり、芸能人の方を見たという話はよく聞いています」と話す。酒井容疑者の逮捕翌日となった9日も「プライベートで海を楽しんでいた」と複数の芸能人を目撃している。

 両容疑者の逮捕前に、同所で“ニアミス”していた芸能関係者がいた可能性も浮上。実際に2人と接触したり、別荘を訪れたりしたことのある人物がいれば、何らかの事情を聞かれる可能性もある。

 酒井、高相両容疑者の供述は、いまだに食い違ったままだ。警視庁の調べに、酒井容疑者は「昨年夏から夫に勧められて数回『あぶり』をやった」と供述しているが、高相容疑者は「4年前に妻に勧めた。妻はその後使用を始めた」としている。関係者によると、酒井容疑者は新たに「10回ほど使った」と供述したというが、夫の供述から使用回数はさらに多いとみて、調べを進めている。

 勝浦の別荘からは微量の覚せい剤や使用済みとみられる吸引用のストローが既に見つかっている。


Powered by ScribeFire.

posted by エンタメニュース at 14:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月15日

のりピー、怪しい周辺情報、疑問もいっぱい

のりピー ファミレスでも超ハイテンション

そろそろ、ほかのネタも取り扱いたいのだが、次々に情報がでてくるんだもんな。

なかには、別件の押尾学容疑者との関連性を示唆するものも出ている。(夫の高相容疑者絡みで)

同様に、押尾学容疑者の事件を矮小化するために、のりピーの事件をプッシュしてるんだなんて陰謀説も出てる。

珠玉混交(ほとんどは石ばかり)の様相を見せているのりピー関連のニュースだが、なんでマトモなニュースは少ないんだ。

というか、のりピー以外にネタはないのかな、大スキャンダルではあるけど。

押尾の周辺情報も、気になるんだけどな。

あっちのほうが、実は、でかいスキャンダルにつながっているような気がする。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090815-00000003-dal-ent

のりピー ファミレスでも超ハイテンション

8月15日9時26分配信 デイリースポーツ
 覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで逮捕された酒井法子容疑者(38)と夫の高相祐一容疑者(41)が千葉県勝浦市内に借りていた別荘近くのファミリーレストランで、異様なテンションで騒ぐ姿が目撃されていたことが14日、分かった。付近の住民の間では数年前から薬物の使用もうわさになっていた。
  ◇  ◇
 酒井容疑者の長期にわたる薬物常習をにおわせる証言が飛び出した。4、5年前から夫婦が賃貸契約していた別荘付近の住民が、ファミレスで異様なハイテンションで騒ぐ2人を目撃していた。
 住民によると2人は別荘を使用し始めた4、5年前から深夜にもかかわらず、店内で周囲の目も気にせずに大声を上げていた。「明らかに酔っ払っているのとは違う雰囲気」で、「クサ(大麻)でもやってるんじゃない」と当時からうわさになったという。
 酒井容疑者は夫である高相容疑者に教えられ「昨年夏から使用していた」と供述。一方で高相容疑者は「数年前から(夫婦で)数回どころじゃない回数吸っていた」と供述していると伝えられており、住民の証言によれば、酒井容疑者の供述も疑われてくる。
 「変なにおいがしていた」「カーテンがしまっていた」とされ一部で「ピンクのドラッグハウス」とも呼ばれていたという別荘。別荘には酒井容疑者と同じように足首にタトゥーを入れた女性同伴で訪れていたのを見かけられており、高相容疑者の派手な女性関係もうわさになっていた。


Powered by ScribeFire.

posted by エンタメニュース at 14:46| Comment(0) | TrackBack(2) | 芸能系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月14日

山城新伍さん、老人ホームで死去

「仁義なき戦い」の俳優・山城新伍さん死去

山城新伍さんがお亡くなりなった。

享年70歳ということだが、最後は都内の老人ホームで亡くなったそうだ。

同じ相手と2度結婚と離婚を繰り返した。

私が知っているのは、中年になってからで、バラエティーの司会者や、2時間ドラマの俳優としてだ。

『白馬童子』なんて知らないし、『仁義なき戦い』もテレビでしか見たことがない。

軽めの演技から、重厚感あふれる演技まで、幅の広い演技のできる俳優だった。

そんな山城新伍さんが亡くなったのが老人ホームだったとは、なんだか寂しいね。

70歳なんて、まだまだ若いのにね・・・

山城新伍さんのご冥福をお祈りいたします。





http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090814-00000244-yom-ent

「仁義なき戦い」の俳優・山城新伍さん死去

8月14日7時40分配信 読売新聞
 テレビ時代劇「白馬童子」や、バラエティー番組での軽妙な司会で知られた俳優の山城新伍(やましろしんご)(本名・渡辺安治(わたなべやすじ))さんが12日午後3時16分、嚥下(えんげ)障害による肺炎のため、東京都内の老人ホームで死去した。70歳だった。

 葬儀は近親者だけで済ませた。

 京都府生まれ。高校卒業後、東映のニューフェースとして入社。

 1958年、映画「台風息子」でデビュー後、60年の「白馬童子」に主演して子供たちの人気を得た。その後、東映の時代劇映画に数多く出演。会社がヤクザ映画路線に転じると、「不良番長」シリーズや「仁義なき戦い」シリーズで活躍した。

 俳優の川谷拓三さんとコンビを組んだ即席めんのCMで軽妙な印象を残したほか、「独占!男の時間」「新伍のお待ちどおさま」などのバラエティー番組に出演し、歯切れのいい司会ぶりで幅広い人気を集めた。


Powered by ScribeFire.

posted by エンタメニュース at 13:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もっと芸能ニュースを見るなら
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。