2009年08月27日

のりピー、覚せい剤と生い立ちは関係ないだろ

酒井法子容疑者、夫の制止無視し常用「また使うために持っていた」

のりピーが、自宅で押収された微量の覚せい剤について「使った残りで、また使うために持っていた」と供述したようだ。

なんというジャンキー!

また、夫の高相被告は、「やりすぎるなよと注意していた」とのりピーの常用を暴露していたが、さらに「覚せい剤をやめろと言っていた」と常用を危惧する供述も。

ジャンキーも驚くジャンキーぶりということか。


それにしても、メディアで、のりピーの生い立ちを暴露するニュースが目立っている。

本人が公開してないバックグランドの情報を、ここぞとばかり暴露するマスコミは、個人情報の問題を、意図的に無視しているのだろうか。

たしかに、のりピーの生い立ちは興味深いが、覚せい剤使用とは、まったく関係ない話。

それを結びつけて、ストーリーを作るのは、止めた方がいい。




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090827-00000028-sanspo-ent

酒井法子容疑者、夫の制止無視し常用「また使うために持っていた」

8月27日7時52分配信 サンケイスポーツ

 覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで逮捕された女優で歌手、酒井法子容疑者(38)が、自宅で押収された微量の覚せい剤について「使った残りで、また使うために持っていた」と供述したことが26日、分かった。一方の夫、高相祐一容疑者(41)は「妻に覚せい剤をやめろと言っていた」と供述していたことも発覚。酒井容疑者は、夫に使用を止められるほど主体的に吸引していた。東京地検は拘置期限の28日までに所持、使用の罪と併せて同容疑者を起訴する方針。

 「夫に勧められて」手を染めた覚せい剤に、いつのまにか酒井容疑者は溺れてしまっていた。

 「使った後の残りだったが、また使うために持っていた」−。連日の取り調べと夫の供述から「覚せい剤を抜くために逃走した」「仕事の疲れが取れるので使った」と、使用を認める供述を始めていたが、逮捕容疑となった東京・南青山の自宅マンションで押収された0.008グラムの覚せい剤について、ついに使用容疑を固める供述を行った。

 通常、覚せい剤の常習者が1回で使用する平均量は0.03グラム。酒井容疑者の自宅から発見された「使った後の残り」の0.008グラムは微量だが、東京地検は丁寧にアルミ箔で包まれて“保存”していたことを重視。酒井容疑者の供述がそれを裏付ける形となり、「所持罪での起訴は十分可能」と捜査関係者は見ている。

 「4年ぐらい前に妻に勧めた」「やりすぎるなよと注意していた」と暴露してきた高相容疑者が、今度はそんな妻の常習的行動を裏付けるように、「覚せい剤をやめろと言っていた」と供述。薬物にハマった夫でさえも心配するほど、酒井容疑者の使用頻度は尋常ではなかったようだ。さらに高相容疑者は、「妻に覚せい剤の使い方を教えてしまって悪いことをした」と後悔しているという。

 24日に追送検された自宅での使用容疑は、当初、尿鑑定で覚せい剤反応が出なかったことから立件は難しいとの見方もあった。が、毛髪鑑定で陽性反応を検出したこともあり、東京地検は自宅での所持、使用と併せて起訴する方向で、拘置期限の28日までに最終判断する。

 また、酒井容疑者は7月5日に自宅で吸引したことも自供。「夫からもらった覚せい剤をその日に吸った」と話しており、高相容疑者も同日の記憶について「妻が吸ったところは見ていないが、その日覚せい剤を渡した」と供述。夫婦の供述が一致したという。

 警視庁は、高相容疑者が23日に、千葉・勝浦の別荘に0.097グラムの覚せい剤を所持していた容疑で再逮捕されたことから、別荘に出入りしていた酒井容疑者も夫婦共同所持での立件を検討していた。ただ、こちらは高相容疑者が「別荘の覚せい剤は私のものです」と供述したため、同容疑での酒井容疑者の再逮捕は見送られたようだ。


Powered by ScribeFire.

posted by エンタメニュース at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月26日

のりピー、ヤク抜きを認めた

酒井法子容疑者、拘置期限28日までに再逮捕へ

のりピーこと酒井法子容疑者が、6日間の逃走について「ヤク抜きのため」と供述していることが分かった。

以前から指摘されていたことだが、とうとう本人も供述したようだ。

まあ、最初から話すとは思っていなかったが、ここへきて、やっと話す気持ちになったのか。

だが、まだまだ、解明されていない疑問もたくさんあるので、さっさと話してほしいものだ。

それにしても、たたけば、もっと、ほこりが出そうな感じがするのは、清純派だっただけに、裏切られた気持ちとともに、ダーティーすぎる裏の顔が知れ渡って、落ちた偶像というイメージが付いたからなのかな。



それから、いろいろと証拠隠滅を謀ってたので、保釈はないらしい。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090826-00000046-sanspo-ent

酒井法子容疑者、拘置期限28日までに再逮捕へ

8月26日7時52分配信 サンケイスポーツ

 覚せい剤取締法違反(所持)容疑で逮捕された女優で歌手、酒井法子容疑者(38)が、警視庁の調べに、6日間の逃走について「覚せい剤を抜くためだった」と供述していることが25日、分かった。

 現在、東京湾岸署に身柄がある酒井容疑者の拘置期限は28日。警視庁は、酒井夫婦の千葉・勝浦市の別荘での共同所持容疑での立件を視野に捜査を進め、同日までに酒井容疑者の再逮捕に乗り出す構えだ。

 これまで、覚せい剤の使用頻度について供述を二転三転させたり、逃走の理由を「気が動転した」から「覚せい剤を抜くため」と覆すなどしてきた酒井容疑者。28日に東京・南青山の自宅マンションでの所持、使用で起訴される見通しだが、保釈については、証拠隠滅の恐れがあるため、認められる可能性は低いという。


Powered by ScribeFire.

posted by エンタメニュース at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月25日

SMAPだから視聴率が取れるわけじゃない

SMAP「視聴率神話」の崩壊 全員出演でも視聴率7.0%

SMAP「視聴率神話」の崩壊、じゃなくて、TBSが落ち目なだけだろ。

SMAPは、たしかにスーパーアイドルグループだったが、それは、はるかに昔の話だ。

それをいまさら、視聴率神話の崩壊などと、大それたタイトルをつけることなのか。

メンバー全員がそろって出演したから視聴率が取れるわけでもなく、メンバー個人が出演したドラマも、彼らの力ではなく、番組自体が面白いから視聴率が取れるというもの。

テレビ自体、見てる人が減っていることを考えれば、視聴率だって、意味ないんじゃないかと思うんだけど、どうよ。

201X年生き残るテレビ局はどこか?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090824-00000002-jct-ent

SMAP「視聴率神話」の崩壊 全員出演でも視聴率7.0%

8月24日19時15分配信 J-CASTニュース
 大人気アイドルグループ「SMAP」のメンバー5人が揃って出演したTBS系音楽番組「とくばん」の視聴率がなんと7.0%という低空飛行だった。同じ時間帯にテレビ東京で放送した「田舎に泊まろう!」の7.5%にも負けた。個々のメンバーが主演しているドラマの視聴率も「最悪」。もう「SMAP」で視聴率を稼ぐのは無理なのだろうか。

■テレビ東京系「田舎に泊まろう!」にも負ける

 「とくばん」は歌番組「うたばん」の特別番組で、司会はいつものように「SMAP」リーダーの中居正広さんと石橋貴明さんがつとめた。2009年8月16日19時〜20時54分の放送分では、メーンゲストとして「SMAP」メンバー全員が出演。この日は「夏の大運動会SP!」と題し、「SMAP」メンバーが借り物リレーや、ムカデ競走などを繰り広げた。

 メンバー全員がゲストで登場することは希で、高視聴率が期待されたが、ビデオリサーチの調査によると関東地区で7.0%。ちなみに、同時間帯で放送された他の番組は、日本テレビ系「世界の果てまでイッテQ!」が16.6%、フジテレビ系「熱血!平成教育学院」が12.5%、テレビ東京系「田舎に泊まろう!」が7.5%だった。

 ちなみに、今回の放送の7.0%という数字は過去の「とくばん」の中では最低。レギュラーの「うたばん」も視聴率が振るわず、かつては10%の半ばを推移していたのに、09年7月12日放送分は8.0%、09年7月26日は6.9%と過去最低になっていた。

 SMAPの低迷はこれだけではない。個々のメンバーが主演しているドラマの視聴率も「最悪」だ。「うたばん」「とくばん」の司会をつとめる中居さんが09年春に11年ぶりに主演したフジテレビ系「婚カツ!」の視聴率は、1話は16.3%、第2話は11.2%、第3話が9.4%と二ケタを切り「月曜9時(月9)ドラマ史上最低の視聴率」と多くのメディアに書かれた。

■香取主演の「こち亀」も低空飛行

 香取慎吾さん主演のTBS系「こちら葛飾区亀有公園前派出所(こち亀)」は09年8月から鳴り物入りで始まったが、初回は12.2%だったものの、第2話が11.3%、第3話はついに10%を割り7.6%になった。

 1996年から放送されているフジテレビ系のレギュラー番組「SMAP×SMAP」も、視聴率が25%を超える「お化け番組」と言われたが、現在は10%半ばで推移している。

 「SMAP」が結成され今年で21年。既に賞味期限切れになってしまったのか。今回の「とくばん」の視聴率について、ブログや掲示板では、

  「SMAPという名前にあぐらをかく時代ではなくなったのではないか」
  「草なぎの復帰劇の茶番が後を引いているんじゃないのか?」
  「俳優としての木村拓哉だけは唯一健在」

といった意見が出ている。


Powered by ScribeFire.

posted by エンタメニュース at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もっと芸能ニュースを見るなら
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。