2009年07月28日

野久保直樹、干されても再起すればいいんだ

「羞恥心」野久保レギュラー降板 紳助の涙は何を意味するのか

おバカタレントとしてブレイクした野久保直樹だが、レギュラー番組「クイズ!ヘキサゴンII」を降板することになった。

いま現在、正式な理由は発表されておらず、ネットでは、4月の事務所独立騒ぎが原因なのでは、との意見が多数を占めている。

あの騒動以来、野久保の出演番組は激減しており、ヘキサゴン降板で、すべて無くなった。

これは、所属事務所の意向とも考えられ、ファンブログでは、野久保の将来を心配する声があがっている。


一時期、静岡県に住んでいたものとしては、県出身者である野久保直樹には、頑張ってもらいたい。

ファンの声援に応えて、再起を期してほしいな。


舞台「K」 / 野久保直樹


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090727-00000002-jct-ent

「羞恥心」野久保レギュラー降板 紳助の涙は何を意味するのか

7月27日19時5分配信 J-CASTニュース
 大人気ユニット「羞恥心」の野久保直樹さんが、唯一のレギュラー番組「クイズ!ヘキサゴンII」から「降板」することが突然発表された。「勉強のため旅に出る」そうだが、唯一のレギュラー番組だっただけに、これからテレビで見ることができるのだろうか。

■全員で「泣いてもいいですか」を歌う

 フジテレビ系で2009年7月25日から26日に放送された恒例の特別番組「FNS26時間テレビ」は、意外な展開で幕を閉じた。エンディングに差し掛かると、総合司会の島田紳助さんが神妙な顔でこう語り出した。

  「野久保はね、明日からちょっと旅に出まして、勉強のために出ますので、ヘキサゴンちょっとお休みします」

 そして、26時間テレビに関わった人々と野久保さんに歌を送りたい、と全員で「泣いてもいいですか」を歌った。紳助さんが作詞を担当した歌だ。歌詞は、

  「別れの時がもうすぐ来るんだね。夏の終わりの夕陽のように。切なく輝く君を見送る」

というもの。歌の途中、紳助さんが抱き寄せると、野久保さんは島田さんの肩で泣き出した。「ヘキサゴン」で生まれたユニット「羞恥心」や「Pabo」のメンバーも、野久保さんを囲み、泣きながらこの歌を歌った。「羞恥心」と「Pabo」は08年のNHK「紅白歌合戦」に揃って出演している。

 フジテレビ広報によると、野久保さんがなぜ「降板」するのかについての発表は「調整中」だとしている。

 「羞恥心」で08年に大ブレークした野久保さんだが、現在のレギュラー番組は「ヘキサゴン」だけ。他の番組のゲスト出演も激減した。実は、こうなることを予想していたファンもたくさんいたようだ。

■渡辺ミキ社長はブログから野久保を消去?

 原因とされているのが09年4月に起こった独立騒動。野久保さんは「納得した生き方をしたい」とし、新たなブログを突然立ち上げ、所属事務所からの独立を宣言。フリーの立場でイベントにも出演した。所属事務所は、契約は継続中で、マネジメントは継続していくと説明。しかし、新たなブログは開設21時間で削除。ネットではファンが、芸能人が所属事務所にタテついた場合、仕事から干されるとし、「ノックを助けてあげて!! 」など、悲痛なコメントが大量に出る事態になった。

 事務所の意向で「ヘキサゴン」から降りた、という根拠としてネットで騒がれているのは、ワタナベエンターテインメントの渡辺ミキ社長のブログ「毎日がヒットパレードなミキ社長ブログ」。09年7月25日と26日付けには、26時間テレビに出演した自社の所属タレントの様子が写真入りで掲載されている。お笑いグループ「アンガールズ」や、「ネプチューン」のメンバー、ビビる大木さんなどの楽屋風景が写真入りで掲載されているのだが、野久保さんは一切登場していない。これを見て、

  「野久保は既に、存在しないことになっているのではないか」

などと感想を漏らす人もいる。

 なぜ、野久保さんが「ヘキサゴン」から降りたのか、今後の芸能活動はどうなるのか、J-CASTニュースはワタナベエンターテインメントに問い合わせている。


Powered by ScribeFire.

posted by エンタメニュース at 14:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月27日

魔裟斗が異種格闘技戦を2RTKO!

魔裟斗が異種格闘技戦で圧勝 “K−1殺し”川尻をボコ殴り

魔裟斗といえば、K−1のカリスマと呼ばれる格闘家です。

2週間前に行われた「K−1 WORLD MAX2009〜FINAL8〜」の特別試合で、総合格闘家の川尻達也と、K−1ルールで対戦しました。

もちろん、魔裟斗圧勝でしたが、川尻もK−1二戦目にしては善戦しましたし、ポテンシャルの高さも見せ付けました。

キックボクシングの訓練を積めば、K−1でも、いけるでしょうね。

Youtubeに、この試合の映像がアップロードされてますので、あらためてチェックしてみました。

やっぱり、魔裟斗は、試合運びが上手いです。

打撃も防御も、何度もチャンピオンになるだけあって、絶品です。

相手は、立ち技戦では、ルーキーみたいなものですから、圧勝も当然ですね。

それにしても、なんで、こんな試合を組んだんでしょうか?

チャンピオンとルーキーが戦ったら、チャンピオンが勝つに決まってると思うのですが・・・

まあ、試合自体は面白かったので、良しとします。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090725-00000569-san-fight

魔裟斗が異種格闘技戦で圧勝 “K−1殺し”川尻をボコ殴り

7月25日21時8分配信 産経新聞

 【格闘技最前線】

 K−1VS総合…注目の異種格闘技戦は、K−1のカリスマが完勝した。13日に東京・日本武道館で開催された格闘技イベント「K−1 WORLD MAX2009〜FINAL8〜」の特別試合で、2003、08年K−1MAX世界王者の魔裟斗(30)が、総合格闘技イベント「DREAM」でエース格として活躍する総合格闘家の川尻達也(31)とK−1ルールで対戦し、2ラウンド1分43秒、TKOで勝利した。

 今年限りでの引退を表明している魔裟斗にとって、試合の機会は今回の川尻戦と大みそかの「Dynamite!!」の2試合のみ。川尻戦はK−1のリングでのラストファイトだった。テレビの解説席に座ったDREAMイベントプロデューサーの笹原圭一氏が「決闘という感じですね」と評した緊迫感に満ちた“果たし合い”は、「格闘技の殿堂」に1万6555人の観衆を集め、3分3ラウンド制で実施された。

 髪の毛を短く刈り込んで決意を見せた魔裟斗は身長174センチ、体重70キロ。川尻は10キロ以上の減量をして178センチ、70キロで試合に臨んだ。オープニングブローは川尻の左フックだった。そのパンチに魔裟斗は右ローキックを合わせ、さらに右ストレートで応戦。互いに見合う展開になるかと思いきや、川尻が積極的に踏み込んで左右のパンチを繰り出し、攻勢に出た。川尻はローキックや跳びひざげりも出して前に出るが、魔裟斗は冷静にさばく。そして−。

 1ラウンド残り46秒。左、そして右ストレート。魔裟斗のパンチに川尻がぐらつく。その18秒後、魔裟斗の強烈な右ストレートで川尻がダウンした。8カウントで立ち上がった川尻だが、ダメージがあるのか総合格闘技の試合のようにタックルで魔裟斗にしがみつく。魔裟斗は左右のパンチと右ローキックをたたみ掛け、さらに右フックを受けた川尻がコーナーによろめき倒れたところで、1ラウンド終了のゴングが鳴った。

 3人のジャッジの1ラウンドの採点はいずれも10−8で魔裟斗を支持し、場内からは「魔裟斗コール」が沸き起こる。2ラウンドのゴング。劣勢を意識する川尻は、飛び込みざまのパンチを振るうが、魔裟斗がカウンターで応戦した。そして、右ストレートから右アッパーを乱れ打ち。川尻は「来い」というジェスチャーで魔裟斗を挑発するが、体に力がない。

 魔裟斗は攻撃の手を緩めない。右フック、右アッパー、左ひざをたたみ掛ける。一方的な展開に、川尻のセコンドはたまらずタオルを投げ込んだ。川尻はそのまま前のめりに崩れ落ちる。両手を挙げて勝利を誇示する魔裟斗。勝者と敗者のコントラストが浮き彫りになるシーンとともに、試合は終わった。

 「きょうはどこも痛くないし、無傷で終われた。気持ちよかった」と心地よさそうに汗をぬぐった魔裟斗に、川尻は「(魔裟斗は)強かった。もう少し何とかなると思っていた。さすがK−1中量級最強の選手」と脱帽。2人は決着がつくとリング上で抱き合って健闘をたたえ合ったが、試合前はけんか腰だった。

 川尻は、昨年大みそかの「Dynamite!!」で、魔裟斗のライバル、武田幸三をK−1ルールでKOし、関係者に衝撃を与えた。川尻は勝利直後にリング上から「2人で格闘技を盛り上げませんか、魔裟斗選手。面白い打ち合いだったらボクにもできるんで」とマイクで挑発。これを受けて、魔裟斗は「K−1がナメられた。イコール、ボクがナメられた」と、K−1王者のプライドを懸けて“最強の外敵”の迎撃に立ち上がった。

 パンチ、キックを主体にする打撃系格闘技の王者と、打撃に加え、投げ技、絞め技、関節技も許される総合格闘技の強豪による舌戦はすさまじかった。K−1ルールでは優位に立つ魔裟斗は「本当に打ち合ってくれるの?」と川尻を挑発。「もちろん。ノーガードで打ち合いましょう」と川尻が応じると、魔裟斗は「あっそう。3分もつ?」。これに対し川尻が「3分かかんないんじゃないですか」と自身の1ラウンドKO勝ちを予告すると、魔裟斗も負けじと「あっという間に終わっちゃうから」。これを聞いた川尻は「何をそんなに偉そうに言うんだろうって感じなんですが」と苦々しげに吐き捨てた。

 「DREAM代表として恥ずかしい試合はできない」と意気込む川尻は「キング(魔裟斗)がMMA(総合格闘技)に負けたら終わりじゃないですか」。これに対し、魔裟斗は「ボッコボコにしてやる」と宣言してK−1最後のリングへ。口でも負けない。もちろん拳でも勝つ。両者のあふれる闘志に、試合への期待が高まった。

 魔裟斗は川尻との対戦が決まった1カ月前、負ければ、大みそかを待たずに引退する意向も明かした。自身初のK−1世界王者に輝いた03年以来、約6年ぶりに本格的なウエートトレーニングを導入し、ベンチプレス、スクワット、デッドリフトなど、2時間の練習時間のうち約半分を筋力アップに費やした。現役生活のゴールは見えていても、闘う肉体をつくることは忘れなかった。「見るからにパワーがついたでしょ」。進化した肉体を武器に、外敵を粉砕した。

 「アイアム、チャンピオンね。オレがチャンピオン。今年のチャンピオン、だれでもいいから、12月31日、オレの挑戦受けてくれるんだったら、受けてほしいなと思っています」。魔裟斗はリング上でこう叫んだ。大みそかの引退試合の対戦相手に、10月26日に決定するK−1 WORLD MAXトーナメントの優勝者を希望。胸のうちにあるのは、過去2度敗れている05、07年K−1MAX世界王者アンディ・サワー(26)=オランダ=へのリベンジだ。

 「ラスト1試合、完全燃焼します。頑張ります」。総合の勇者は倒した。あとはK−1の王者を倒して、栄光の格闘ロードを締めくくる。


Powered by ScribeFire.

posted by エンタメニュース at 13:34| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月26日

AKB48、またしても解雇者!

AKB48の研究生・西川七海が解雇

秋元康プロデュースするアイドルグループ、AKB48で、またしても、問題発生!

研究生西川七海が事務所を解雇された。

AKB48公式ブログで、運営会社社長名義の投稿があり、

「AKB48の研究生としての自覚に欠けた軽率な行動を取ったことが判明した為、7月25日付けで解雇いたしました」

と発表された。

多数の女子が在籍するだけに、私生活の管理の難しさを、あらためて浮き彫りにした形だ。


大勢の女の子が集まってますから、いろいろと問題も発生するでしょう。

学校のクラスを頭に浮かべると分かると思いますが、すぐグループとかできるし、シカトとかするし、話を聞かないし、しっかりした管理体制がないと大変です(^^;

運営側のアイドル教育も、しっかりしていないと、今度のような問題が多発するでしょうね。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090725-00000002-oric-ent

AKB48の研究生・西川七海が解雇

7月25日15時29分配信 オリコン
 人気グループAKB48の研究生の西川七海が25日付けで所属事務所から解雇されたことがわかった。同日付けの公式ブログで発表された。「研究生としての自覚に欠けた軽率な行動があった」ことが理由とされている。

 AKB48の公式ブログ25日付けの投稿は、運営会社のAKS社長・窪田康志氏の名義によるもので、「AKB48の研究生としての自覚に欠けた軽率な行動を取ったことが判明した為、7月25日付けで解雇いたしました」と解雇の理由を説明。管理責任を痛感している様子で「これから更に、メンバーの生活態度の指導を徹底して参ります」と今後について触れている。


Powered by ScribeFire.

posted by エンタメニュース at 16:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もっと芸能ニュースを見るなら
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。