2009年06月27日

マイケルの死と、世界の反応に驚愕!

マイケル・ジャクソンさん死去、天才の血を継ぐ3人の子供は?

マイケル・ジャクソンの死亡が確認されてから、一夜が明けたが、世界中が、その衝撃に包まれているかのようだ。

驚いたのは、各国の首相クラスの人物からの発言があったり、新聞のトップ記事を飾っていることだ。

だって、あのアメリカ嫌いなイランアフマディネジャド大統領ベネゼイラチャベス大統領もコメントしてるんだよ。

(言っちゃなんだが、マイケル・ジャクソンは、単なるエンターテナーなんだぞ! ← これは、単なる言葉のあやです)

これほどの影響力を持つカリスマは、いまだかつて存在し得たであろうか?

いまさらながらに、キング・オブ・ポップという称号は、伊達じゃないんだと実感している。

というか、世界中の反応に、ビックリしている。



それはそうと、マイケルには、三人の子供がいる。

二番目の妻との間に、長男と長女、代理母による次男だ。

庇護者たるマイケルを失った彼らは、マイケルの血を引くものではあるが、あの才能は引き継がれたのだろうか?

稀代のアーティストエンターテナーキング・オブ・ポップ、と称された、マイケル・ジャクソン

偉大なる父親の名声は、子供達にとって、プレッシャにならなければ良いのだが。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090626-00000138-scn-ent
マイケル・ジャクソンさん死去、天才の血を継ぐ3人の子供は?

6月26日15時26分配信 サーチナ
 米人気歌手、マイケル・ジャクソンさんが25日、ロサンゼルスの病院で死去した。50歳だった。自宅で心臓発作を起こし、搬送されたが死亡した。数々のギネス記録を持つ稀代の天才歌手の死をファンは残念がった。その魂の系譜を継ぐ3人は今……。

 マイケルさんには、プリンス・マイケル君(12)、パリスちゃん(11)、ブランケット君(6つ)の3人の子供がいる。報道されることは自身のことばかりで、子供のことが話題に上ることはあまりなかった。どうしているのか。

 マイケルさんは最近、常に健康不安がつきまとっていたことで、子供のことを気にかけていたのだという。晩年は訴訟続きで疲労困憊で体調が優れないことも多かったという。マスコミでは死亡説まで流れてしまった。

 そこでマイケルさんは、もしもの時のことを考えたのだろうか。妹ジャネットさんに3人の養育を頼んだという情報がある。ジャネットさんは兄にこそ及ばないものの、世界的にその名を知られた大スターで、フォーブスの女性セレブランキングでTOP10入りしたこともある。マライアさん、ホイットニーさん、マドンナさんらと並ぶビッグネーム。天才型の兄と比べて、努力でスターとなったタイプだった。

 天才の血と魂を継ぐ3人の子供。ジャクソン家の中でも最も優等生だと言われるジャネットさんのところへ行くのか? 英才教育で才能が花開くことをファンは望んでいる。(情報提供:YUCASEE MEDIA(ゆかしメディア))

posted by エンタメニュース at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | エンタメ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月26日

マイケル・ジャクソンの死を悼む

マイケル・ジャクソンさん死去…ロサンゼルス自宅で倒れる

マイケル・ジャクソンがLAの自宅で倒れ、そのまま帰らぬ人となった。享年50歳だった。

世界中のファンが、7月のロンドン公演を待ち望んでいたが、残念ながら、二度と目にすることのできない、幻の公演となってしまった。

マイケルが運ばれた、UCLAの附属病院前には、死去のニュースを知ったファンや、世界中のメディアが集まり、延々とニュースを伝えている。

日本でも、各ニュースサイトや、テレビのワイドショーでも取り上げられ、エンターテインメント業界の巨人の死を悼んでいる。

特に、アメリカの三大チャンネルでは、今週末に特集を組んで、追悼番組を行なうとのこと。

日本でも、マイケルの特集を組んで放送してくれると、嬉しいのだが、ムリだろうか。


80年代当時、深夜放送のMTVなどで、いまでいうところの、PVが大量に放送されていた。

そのなかでも、「スリラー」のPVは、別格で、芝居仕立てのその作品を見たときの驚きといったら、ハンパなく凄かった。

まさに、エンターテインメントな作品だった。

アメリカは、もちろんのこと、日本のバラエティー番組でも、パロディーが作られるほど、影響力があったし、東京ドームで最初にコンサートをしたのも、マイケル・ジャクソンの来日公演だった。(←東京ドームの初公演は、THE ALFEEでした)

スリラー」以後、数え切れないほどのヒット曲を連発し、まさに、ザ・キング・オブ・ポップであった。

90年代後半からは、その作品よりも、その奇行ぶりに注目が集まり、スキャンダラスな面ばかりが取り上げられることも多かったが、、来月のロンドンでの復活公演が発表され、新作への期待も大きかった。


80年代後半ごろ、CDからカセットテープにダビングして、よくドライブ中に聞いてました。
(今と違って、クルマのオーディオも、カセットがメインでした。)

彼のアルバムも、何枚か買いましたし。

マイケル・ジャクソンの冥福を祈ります。

合掌!





http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090626-00000241-yom-ent
マイケル・ジャクソンさん死去…ロサンゼルス自宅で倒れる

 【ロサンゼルス=飯田達人】「スリラー」などが世界的にヒットし、「ポップス界の王様」と呼ばれたマイケル・ジャクソンさんが25日正午(日本時間26日午前4時)過ぎ、ロサンゼルス市内の自宅で倒れ、救急車で病院に運ばれたが心不全で死亡した。

 兄のジャーメインさんが記者会見で発表した。50歳だった。詳しい死因などは不明。26日に検視が行われる。ロサンゼルス・タイムズ紙などによると、午後0時26分、高級住宅街にあるマイケルさんの自宅から通報があり、救急隊が駆け付けたが、既に呼吸をしていなかった。近くのカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)の付属病院に搬送中も救急隊員が心肺機能の蘇生(そせい)を試みたが、同2時26分、医師が病院で死亡を確認した。

 同紙によると、2005年にはやせ細り、歩くのも困難で、鎮痛剤を常用していた。7月から来年3月にかけて、ロンドンで計50回の復帰コンサートを行う予定だった。今年春に4時間にわたって医師の健康診断を受けた際は、特に問題はなかった。最近は専属トレーナーについてエアロビクスもしていたという。マイケルさんは、体形維持のため小食で知られ、健康不安説が度々指摘されていた。

 インディアナ州出身。兄4人とともに「ジャクソン5」としてデビュー。1971年にソロ活動を始め、抜群の歌唱力と独特のダンスで人気者に。「ビリー・ジーン」「今夜はビート・イット」「スリラー」などを収めたアルバム「スリラー」(82年)は1億枚以上の売り上げを記録し、「世界で最も売れたアルバム」としてギネスブックにも認定された。その後もアルバム「バッド」(87年)、「デンジャラス」(91年)などを発表した。世界でのアルバム、シングル、ビデオの販売総数は7億5000万枚以上とされる。

 03年にはカリフォルニア州サンタバーバラ郊外の邸宅「ネバーランド」で、少年に性的虐待を行った疑いで逮捕され、05年に無罪評決を受けた。また、エルビス・プレスリーの娘ら二人の女性と結婚・離婚を繰り返し、多額の借金も抱えていた。

 ◆時代に衝撃、不世出のスター◆

 エルビス・プレスリー、ビートルズと並び、歴史的な音楽家となっていたマイケル・ジャクソンさんの訃報(ふほう)が突然、舞い込んできた。

 1981年に開局したアメリカの音楽専門テレビ局MTVが全世界に配信する音楽ビデオに乗って、史上空前の1億枚以上を売り上げたアルバム「スリラー」(82年)。ホラー映画仕立てのビデオは、ビジュアル時代の幕開けを告げた。

 元ビートルズのポール・マッカートニーさんらロックの大物と共演し、黒人の音楽とされたソウルミュージックを人種の枠を超えて浸透させた。85年にはアフリカ飢餓救済歌「ウィ・アー・ザ・ワールド」の制作の中心的な役割を担い、愛と平和を訴える社会的な存在にもなった。

 40代を迎える頃から音楽活動は停滞し始め、それは私生活の混乱と表裏一体だった。幼児虐待や変貌(へんぼう)を重ねる顔立ちへの疑惑、経済的な困窮……。無垢(むく)なものへの希求が子供への偏愛に、人種の壁を破った音楽性の裏返しは、白人のような容貌(ようぼう)へのあこがれとなったのか。だが、そのスキャンダルも含め、彼以上の衝撃を与えるスターは、もう現れない気がする。(文化部・西田浩)


特番は、ムリかなと思っていたら、今日午後7時から、フジテレビで特番を組むようです。

posted by エンタメニュース at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | エンタメ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月25日

渡辺謙の特番ドラマ、視聴率で勝つ!

キムタク負けた! テレ朝、ウハウハのはずが…

渡辺謙が主演したドラマの視聴率が、当日の人気番組に僅差で勝っていたようだ。(関東地区・ビデオリサーチ)

テレ朝が、ドラマで、ってのが凄くないですか!

たしかに、連ドラのワンクール分の予算を使ってたにしても、この視聴率はハンパないっすよね。

硬派なドラマだっただけに、視聴率的にどうなんだろうとは思いましたが、さすがです。

テレビ朝日は、最近、ドラマ制作も頑張ってるから、面白い作品も多いですよね。

個人的には、キャラの立ってる「相棒」が好きです(^^)v



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090623-00000019-ykf-ent
キムタク負けた! テレ朝、ウハウハのはずが…

6月23日16時58分配信 夕刊フジ

 世界のナベケンが、週末の視聴率で紳助、キムタク、妻夫木を圧倒して男の戦いを制した。

 渡辺謙(49)主演ドラマ「刑事一代・平塚八兵衛の昭和事件史」(テレビ朝日系)の視聴率が20日の第1夜19.4%、21日の第2夜21.6%の高視聴率を記録した。

 20日夜は、木村拓哉主演のドラマ「MR・BRAIN」(TBS系)が18.5%、21日夜は島田紳助司会の「行列のできる法律相談所」(日テレ系)が20.1%、妻夫木聡主演のNHK大河ドラマ「天地人」が20.7%と、人気番組がめじろ押しだったが、「刑事一代」が、わずかに競り勝った形だ。

 ドラマは、同タイトルのノンフィクション(新潮文庫、佐々木嘉信著、産経新聞社編)がベース。「吉展ちゃん事件」(1963年3月31日)などで刑事魂を発揮した平塚八兵衛が茨城なまりで怒る場面などを渡辺が忠実に演じた。

 「連続ドラマ1クール分の製作費を投入した」(局関係者)という骨太演出が勝因のようだが、これは特番だから投入できた製作費。経費削減が叫ばれるテレビ局にとっては笑ってばかりもいられない?!

 数字は、ビデオリサーチ、関東地区調べ。

posted by エンタメニュース at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | エンタメ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もっと芸能ニュースを見るなら
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。