2009年05月25日

麻生久美子、いい!

麻生久美子、艶やか肩出しセクシードレス!“母”松坂慶子も「素敵になった」と絶賛

麻生久美子が、23日、自身の主演する映画『インスタント沼』の初日舞台挨拶に、共演者とともに登場した。

ということで、個人的に好きな女優さんが主役なので、けっこう楽しみです。

まだ観てないですが、面白そうですね。

麻生久美子の出演する映画で、一番すきなのは、『夕凪の街 桜の国』です。

ちょっぴり切ない、いや、かなり切ないかな。

とっても、いい作品だと思います。

って、こんな書き方じゃ、よく分からないですよね(^^;





http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090525-00000001-flix-movi
麻生久美子、艶やか肩出しセクシードレス!“母”松坂慶子も「素敵になった」と絶賛

 映画『インスタント沼』の初日舞台あいさつが23日、東京・テアトル新宿で行われ、主演の麻生久美子、風間杜夫、松坂慶子、ふせえり、そして三木聡監督が登壇した。

 麻生は、流行色のパープルを基調にしたふんわりドレス姿で、美しい肩やすらりと伸びた美腕を披露し、女性らしさをアピール。その美しさに、麻生の母親役を演じ、かつて麻生の本格デビュー作映画『カンゾー先生』でも共演した松坂は「素敵なレディになった。『カンゾー先生』の時のもんぺ姿も素敵だったけど」と実力派女優に成長した麻生の艶やかな姿に、本当の母親のように大喜びしてみせた。

 麻生はテレビドラマ「時効警察」でもタッグを組んだ三木監督との仕事を振り返り「本当に面白い! すっかり三木組中毒になりました。また仕事ください」と自ら売り込み。三木監督は「そう言いながら、別の現場では『三木組は大変だ』って言ってるでしょ。そんな噂が広がったら、こっちの仕事がなくなっちゃう」と苦笑気味。麻生も「確かに大変ですけどー(笑)」と切り返すなど、作品のトボけた雰囲気そのままの終始、笑いの絶えない舞台あいさつとなった。

 本作は会社を辞めたOL(麻生)が実の父親らしき人物(風間)との出会いを通して、さまざまな不思議体験を経て“ジリ貧”状態から抜け出す様を描いた異色コメディー。

映画『インスタント沼』は全国公開中
posted by エンタメニュース at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | エンタメ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月24日

福山雅治、意気に感ず!

福山雅治、故郷・長崎市6万3166人の署名に男泣き

福山雅治が、故郷・長崎からのライブ実現のために集まった6万超の署名を手にして、思わず涙したとのこと。

心意気というんでしょうか、故郷からの署名ということで、やはり嬉しかったんでしょうね。

なんとなく、分かる気がします!



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090523-00000008-oric-ent
福山雅治、故郷・長崎市6万3166人の署名に男泣き

 歌手で俳優の福山雅治が23日に放送されたラジオ番組『福山雅治のオールナイトニッポンサタデースペシャル「魂のラジオ」』(ニッポン放送 ※毎週(土)後11:30〜)終了後、故郷・長崎から届けられた地元凱旋ライブ実現のための6万通超の署名を手に一人、静かに涙を流した。18歳で上京しデビュー20周年に突入した今年、故郷から届けられたあふれんばかりの熱意が「長崎に帰らないと決めていた」男の琴線に深く触れた瞬間だった。

 市長銃撃事件など暗いニュースが続いた長崎を「何でもいいからとにかく笑顔にしたかった」という長崎青年協会のメンバーが期待を込めたのが、地元出身の福山の凱旋ライブだった。1969年の同協会設立からちょうど40周年。実現に向け「しゃっちが長崎」(是非とも長崎へ)と書かれたノボリを立て、2008年2月から長崎駅前などでスタートした署名活動は最終的に6万3166人を集めた。10万人の目標には及ばなかったものの「長崎市の人口約44万人のうち7人に1人が賛同してくれました」と同協会会長の麓浩二さんと戸村大助さんは充実した表情で報告する。

 その様子を人づてに聞いていたという福山は、昨年4月から長崎県美術館で開催された自身の写真展で帰郷した際に偶然にも車の中から目撃し、感動で男泣きしたという。この日、実際に2人から高さ20cmに及ぶ署名用紙を受け取った福山は「重いです。ずしっときてます。Yes! We Can!」と満面の笑み。「数は問題じゃない。無理だろうと思うことをやることが大事。僕は僕でできることをしっかりやりたいと思います」と生放送中はニコやかに、そして真剣に故郷を思う気持ちを話していたが、番組終了後に改めて署名に目を通すと思わず目頭をおさえた。

 放送終了後、ORICON STYLEの取材に応じた福山は「僕は長崎に可能性を感じられなかったから東京に出てきたんです」と穏やかな口調で話し始めた。「やりたいことがやれないと思っていたから、故郷に背を向けたんです。そんなヤツが故郷から必要とされているなんて…帰らないと決めてましたから」。デビュー以来、ライブや写真展などで何度か凱旋はしていたが、初めて目の当たりした署名の山に地元の熱意と深い愛情を痛感。「だから、今の僕にやれる恩返しは“音返し”なんです」。

 凱旋ライブの会場は稲佐山公園野外ステージ。キャパ1万5000人で8月29日・30日の2日間開催するが、それでも3万人にしか音返しはかなわない。「何か考えないとね」と話す福山が突然、「今、実はちゃんぽん屋を作りたいんですよ、本気で。東京ではうまいちゃんぽんを食べたことが一度もないんで」と目を輝かせた。「長崎の母親はちゃんぽんが作れますから。接客はウチの母親だったりして」と冗談交じりに笑う。もしかしたら当日は福山家のちゃんぽんを味わえたりするのかもしれない。
posted by エンタメニュース at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | エンタメ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月22日

井上和香、熱愛発覚!

和香、“歌のおにいさん”戸次重幸と熱愛

井上和香が、ブログで交際を発表

同時に、交際相手である戸次重幸も、ブログで交際を発表した。

ということで、わかパイこと、井上和香の交際が発覚です。

どうやら、女性週刊誌で写真が掲載されたので、急いで発表したようですね。

まあ、どっちにしても、おめでたいことです。

美男美女で、お似合いのカップルですよね!

それにしても、"歌のおにいさん"ってタイトルの付け方は、どうなんでしょう?

たしかに、ドラマの「歌のおにいさん」で、そのものズバリの役を演じてたけれども(^^;

もう少し、マシな付け方がありそうだと思うのですが。




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090522-00000037-sanspo-ent
和香、“歌のおにいさん”戸次重幸と熱愛

 女優、井上和香(29)と演劇集団「TEAM NACS」の戸次重幸(35)がさわやか交際をスタートさせたことが21日、分かった。

 和香のハートを射止めた戸次は、嵐の大野智(28)が主演した1月放送のテレビ朝日系「歌のおにいさん」で、個性派キャラの傲慢な歌のおにいさんを好演した人気上昇中のイケメン俳優。

 関係者によると、恋のキューピッドとなったのは、戸次と同じNACSの所属俳優で、2日にフジテレビのドラマプロデューサー、中島久美子さん(39)と入籍した大泉洋(36)だった。

 和香と戸次は、大泉をはじめ劇団の仲間たちとの食事会で出会い、何度か顔を合わせるうちに意気投合。交際は最近始まったばかりで、半同棲などはしていないという。NACSの面々は幸せ続きだ。

 現在、NHK朝ドラ「つばさ」(月〜金曜前8・15)で小料理屋のおかみを演じる和香と、日本テレビ系「ザ・クイズショウ」(土曜後9・0)にプロデューサー役で出演する戸次は、多忙な仕事の合間を縫い、数少ないデートを楽しんでいるという。

 サンケイスポーツの取材に和香の所属事務所は「もう大人なのでプライベートは任せていますが、お付き合いを始めたと聞いております。温かく見守っていただければ」。戸次の所属事務所も「いいお付き合いをさせてもらっています」と双方ともに交際を認めている。

 2人は22日にそれぞれのブログでファンへ交際報告のメッセージを更新する。
posted by エンタメニュース at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もっと芸能ニュースを見るなら
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。