2009年03月24日

侍ジャパン、よくやった!

侍ジャパンWBC連覇、延長の死闘制す…韓国に5−3

侍ジャパンWBC連続制覇!万歳!万歳!万歳!

そして、感動を、ありがとう、侍ジャパン

途中、韓国に負けたりもしたが、終わり良ければ全て良し! ってことで、めでたいぞ。

それにしても、今大会は、韓国と5度も戦ってる。

5戦3勝で、日本の勝ち越しなんだが、いい加減、飽きないか、この組み合わせ!

次回は、もう少し、考えてほしいね。

まあ、とにかくメデタイということで(^^)


侍ジャパンのWBC連覇記念セールin楽天


ネタ元

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090324-00000326-yom-spo

 【ロサンゼルス=山脇幸二】野球の世界一を争う第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は23日(日本時間24日)、ロサンゼルスのドジャースタジアムで決勝が行われ、日本は、北京五輪金メダルの韓国を延長十回5−3で制し、2006年大会に続く連覇を果たした。

 日本は三回、小笠原道大(巨人)の右前適時打で先制。五回、韓国の秋信守(チェシンス)の本塁打で同点とされたが、七回に中島裕之(西武)の左前適時打で勝ち越し。八回には岩村明憲(レイズ)の犠飛で加点した。

 しかし、先発の岩隈久志(楽天)は八回、犠飛で1点差とされ、九回、ダルビッシュ有(日本ハム)が李机浩(イボムホ)に同点打を喫した。

 だが十回、日本は二死二、三塁でイチロー(マリナーズ)が、中前に、この試合4安打目となる決勝の2点適時打。日本代表初采配(さいはい)の原辰徳監督(巨人)が率いるサムライジャパンが頂点に立った。
posted by エンタメニュース at 16:07| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月22日

ハリソン・フォード婚約!インディがアリーにプロポーズ!

ハリソン・フォード婚約!? キャリスタ・フロックハートにプロポーズ!

ハリソン・フォードが、やっと三度目結婚を決意したようだ。

お相手は、キャリスタ・フロックハート、こちらは初婚

キャリスタは、TVドラマシリーズ『アリー my ラブ』で主役のアリー・マクビールを演じたことで有名。

キレイで、キュートな感じの女優さんだね!


さて、交際7年にして、ようやく婚約したとのことだが、20以上も歳の差があるカップルなんだね。

キャリスタの年齢と、ハリソンの最初の子供の年齢とは、ほとんど変わらないってんだから、そういう意味でもすごいよ!

結婚式は未定らしいけどね。


キャリスタ・フロックハートの直筆サインを楽天の専門店でゲットする


ネタ元

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090322-00000004-flix-movi

 交際して7年半になるハリソン・フォードとキャリスタ・フロックハートが婚約したとピープル誌が報じた。66歳のハリソンは、今年のバレンタインデーの週末にキャリスタとキャリスタの養子リーアムとの家族旅行中にプロポーズし、指輪を贈ったらしい。

 キャリスタはハリソンと知り合う以前の2000年末に赤ちゃんだったリーアムを養子に迎え、シングルマザーとしてがんばってきた。「彼女は最高の母親だ。リーアムをいい子に育てている」とハリソンはインタビューで語り、自分の人生に小さな子どもを連れ込んでくれたことに喜んでいると付け加えている。ハリソンは元妻2人との間に4人の子供がいるが、下は17歳、上は40歳。リーアムの成長を見て、子育てにかかわることができることを心から喜んでいるようだ。結婚式の日取りなどは発表されておらず、双方のスポークスマンもコメントを出していない。
posted by エンタメニュース at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月21日

陣内パパ、あんた男前だよ!

陣内パパ意味深…裏側の部分もある

藤原紀香のイメージを考慮した冷静な発言は、陣内パパの男前さが出てるね。

それはそうと、今回の騒動の原因である、陣内智則の浮気だが、

ネットでは、相手は、及川奈央じゃないかって噂(未確定情報)がある。

結婚前からの付き合いで、3年にも及ぶとのこと。

コレがマジなら、陣内はひどいヤツってことだし、

違うなら違うで、こんな話題で登場させられた及川奈央は、いい迷惑ってことだね。


ここで説明しておくと、及川奈央は、

スーバー戦隊シリーズの第32作『炎神戦隊ゴーオンジャー』で

敵役ガイアークの幹部・害水大臣ケガレシアを演じた女優として有名だ。


『炎神戦隊ゴーオンジャー』のDVDを楽天でチェックする


ネタ元

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090321-00000003-dal-ent

 女優の藤原紀香(37)との離婚が決定的となったお笑いタレントの陣内智則(35)の父・功壱さん(67)が20日、兵庫県加古川市の自宅でデイリースポーツの取材に応じた。功壱さんは、19日に紀香の母・貞子さん(61)が報道陣に語った内容をほぼ肯定。それでも「目に見える部分だけじゃなくて、その裏にあることも…」と話すなど、苦しい心中を象徴するような言葉も出た。
  ◇  ◇
 一方的に“悪者”となった自慢の息子への思いが、つい口をついたのか…。功壱さんは、陣内の女性問題を離婚の原因とした紀香の母・貞子さんの発言に対し、「目に見える部分だけじゃなくてね。裏側の部分もあるわけです。それは今は言えないし、何年かしたらわかることじゃないですか」と意味深にぼやいた。
 前日には離婚問題について「何も聞いていない。寝耳に水」と話した功壱さんだが、貞子さんの発言で、両家交えて会談を持ったことが明らかに。これについて「そういうことはありました。女性問題の話も出た」と認めた。
 また、貞子さんの指摘には「あちらがそうおっしゃるんだから、そうです、としか言えない」と肯定した。
 その上で「とはいっても、ご本人が言っているわけじゃないからね。お母さんが代理で言ってるから」と苦笑い。「自分は中立に見ているつもり。紀香さんは本当に、日本一の嫁だったと思う。ただ、本人同士の部分では(私たちには)やっぱり見えないところがあるから」と、落ち着いて言葉を選びながら話した。
 前夜は大阪でラジオ収録の仕事をこなした陣内だが、功壱さんによると「家には帰ってきてないし、帰ってこないと思う。話し合う予定もない」という。
 「とにかく、紀香さんが(海外から)帰ってきてからじゃないですか。もう一度話し合うのかどうか、僕らは見守るしかないけど…」と、功壱さんは最後まで困惑した表情だった。
posted by エンタメニュース at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もっと芸能ニュースを見るなら
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。