2009年03月27日

陣内智則、誰も助けてくれない

陣内、ベッド写真流された!浮気相手が暴露

陣内智則は、踏んだり蹴ったりだね。

それにして、マスコミって、怖すぎるよね。

あれだけ持ち上げれるだけ、持ち上げて、突き落とす時は、トコトンまで突き落とす。

手のひらの反し方が、ハンパない。

そりゃ、陣内が原因だけど、そこまで叩かなくても、と思うぐらい叩きまくってるよね。

まるで、芸人生命を絶とうとしてるみたいだよ。


それにしても、沈み行く泥舟には、誰も手を差し伸べないね。

私が知らないだけかな。


吉本って、でかくて力があるはずだけど、芸人には薄情なんだ。

立ち位置が中途半端だと、かばってもくれないんだね。


吉本興業について書かれた本を、楽天でチェックする、


ネタ元

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090327-00000000-sanspo-ent

 浮気が原因で女優、藤原紀香(37)と離婚したお笑い芸人、陣内智則(35)の“浮気の実態”が26日、明らかになった。27日発売の写真週刊誌「フライデー」で、浮気相手の1人とされる20代の女性が、陣内から送られたメールとともに身勝手なセックスを暴露している。誘惑に負けた代償は高くつきそうだ。

【写真で見る】会見で藤原紀香との離婚を謝罪する陣内智則

 陣内が「負けてしまった」という誘惑の“一つ”が暴かれた。

 同誌によると、女性と陣内は、陣内が紀香と結婚した3カ月後の07年7月に、大阪市内のバーで出会い意気投合。すぐに女性のケータイには陣内からホテルへの“お誘いメール”が届き、そのまま不倫関係に。その際、女性は「『奥さんいますよね?』と言ったんですが、『別にいいやん』って」と言われたという。

 その後も女性には陣内からメールが届くものの、内容はホテルの部屋番号だけの淡泊なメール。Hも次第に「性欲を発散するみたいな感じになっていった」といい、不倫関係は5カ月で終わったという。ホテルで寝ている姿や証拠のメールは同誌にバッチリ掲載されている。

 陣内は離婚の原因について、24日に行った会見で「自分の未熟さ、心の弱さで、独身のように浮気をしてしまった」「僕の浮気が原因」と、こちらも男らしく?アッサリ認めていた。

 ただ、その相手の人数はドロドロ状態だ。浮気相手としてタレントの実名が報じられているが、「相手に迷惑かけるんで」「浮気は1人だけ?そうじゃなかったと思います」としどろもどろ。“大阪の女”とウワサされていたこの女性は「陣内クンとの関係を明らかにすることで、彼の不誠実な人間性を知ってもらえればと思うんです…」と同誌に心境を吐露しており、第2、第3の事実が“発覚”する可能性も。離婚を「芸人としてプラスにしたい」と語っていた陣内。明かされた生々しい事実で人々を笑わすことはできるのか−。

 陣内が所属するよしもとクリエイティブ・エージェンシーはサンケイスポーツの取材に「24日の会見でご報告しました通り、複数の女性との関係はございました。しかしながら個別の事情につきましてはコメントを差し控えさせていただきます」と話している。
posted by エンタメニュース at 16:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月26日

藤原紀香、人を選べよ

紀香が帰国、DVに土下座強要も明らかに

藤原紀香陣内智則離婚が決定した。

原因の一つにDVが上げられているが、ゴシップ誌女性セブン」でも取り上げている。

取材を受けて語っているのは、直居由美里という”風水建築デザイナー”と称する人物。

検索してみると、風水をデザインに取り入れてる設計士で、藤原紀香とも親しいようだ。

この結婚自体にも、この直居由美里という人物のアドバイスがあったらしい。

その件をきっかけに、テレビ番組にも出演して、本も多数出してる。

(なんか、怪しくないか、この人!)

藤原紀香の著書『紀香魂』にも登場しているらしい。

それはそうと、藤原紀香の承諾を得ているとのことだが、

マスコミに対して、簡単にペラペラしゃべってしまうのは、いかがなものか。

そんな人物しか周りにいない紀香は、不幸だと思ってしまうのは、私だけだろうか。


藤原紀香の『紀香魂』を楽天ブックスでゲット


ネタ元は↓

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090326-00000006-nks-ent

 お笑いタレント陣内智則(35)と離婚した女優藤原紀香(37)が25日、滞在先のアフリカから帰国した。関西空港を経由して羽田に到着した紀香は、長旅の疲れや離婚の傷心を見せず、取材陣に笑顔であいさつ。「未来形で2人それぞれ頑張っていきます。どうかよろしくお願いします。応援してください」。再度結婚する気があるかを聞かれると「はいっ」。新たな恋を目指して、約2年ぶりとなるシングルライフのスタートを切った。
 前日の陣内の会見で、離婚原因は陣内自身の浮気だったことが明かされたが、26日発売の女性誌「女性セブン」で、紀香と親交の深い風水建築デザイナー直居由美里さんが離婚への経緯を赤裸々に語っている。「紀香の了承を得た上」と取材に応じ、陣内が再三否定しているドメスティックバイオレンス(DV)についても明かしている。
 2人がけんかをして、逆ギレした陣内が手を上げることも複数回あったという。昨年11月には、けんかの拍子に紀香が左手小指のつめをはがすけがをした。「言い争ううちに陣内さんが紀香を引きずり回す形になった。DVはないって彼は言うけど、あれは明らかに家庭内暴力でしょう」としている。
 仕事とは関係のないホテルの領収書やライターを見つけ、不信感を募らせる紀香の切実な様子や、行動をせんさくする紀香に対して「疑ったことを謝れ」「土下座しろ」と迫っていたことなども明かしている。紀香のブログには浮気の発覚以降「心がえぐられるような事実がわき出て…」とつづられていた。浮気以外の破局原因も浮上してきた。
posted by エンタメニュース at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月25日

小泉今日子、ぶれないアイドル

小泉今日子、「裸でエプロンお願いします」のリクエストに笑顔で対応?

小泉今日子、いいな、この人、アイドル歌手女優、何やっても、いい味でてるよね!

彼女の歌ってる「虹が消えるまで」のPVは、ここで見れるから、チェックしてみて!

すごくいいから(^^)v

ちなみに、映画のオリジナルサウンドトラックにも、「虹が消えるまで」は入ってるから。


サントラ『ホノカアボーイ オリジナル・サウンドトラック(CD) 』を楽天で入手する


ビクターエンターテインメントの紹介ページ、PVの場所が超わかりにくいんで
もし、分からなかったら、コメント入れてみて。

あとで、説明の画像をアップするかも。


ネタ元は↓

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090325-00000002-flix-movi

 現在絶賛公開中の映画『ホノカアボーイ』の主題歌「虹が消えるまで」を歌う小泉今日子と、作曲を手掛けた斉藤和義に、お互いの印象や曲に込めた思いなどを聞いた。

 映画のエンドロールで流れる主題歌「虹が消えるまで」を作曲したのは、シンガーソングライターの斉藤だ。「映画が終わって、この曲が流れるときの一音目から切なさが伝わってきますよね」と小泉。主題歌を歌いながら「胸に甘いチクチクとした痛みを感じた」そうだ。「まるでおばあちゃんような、それでいて少女のような純粋な気持ちで歌えた気がします。人はみんな自分の中の少女性や少年性、そしてピュアな気持ちをひそかに大事にしていると思う。そういう気持ちがあふれているような曲ですよね」と美しいメロディーを作り上げた斉藤に最大の賛辞を送った。

 小泉と斉藤の二人は同世代。小泉のアイドル時代をリアルタイムで見ている斉藤は、レコーディングで初めて会ったとき「おお、キョンキョンだ! 本物だー、顔ちっちゃいな(笑)」と思ったんだそう。「小泉さんのブレスがエロいですから(笑)、それを生かした曲を作りました」とエロ話を交えながら話してくれた。

 映画の中でビーさん(倍賞千恵子)がおいしい料理を作って主人公のレオをもてなすように、小泉さんが斉藤さんをもてなすとしたら何を作ってあげるか聞いてみた。「わたしは和食しか作らないので、和食を作ってあげます」と小泉。一方の斉藤は「今日子さんが作るなら何でもいいですけど……じゃあ映画に出てくるロールキャベツを裸エプロンでお願いします(笑)」とまたまたセクハラ発言。しかし小泉は笑顔で「じゃあ裸エプロン、用意しておきます」と大人の対応で締めくくってくれた。

 『ホノカアボーイ』は、原作者の吉田玲雄が実際にハワイ島の小さな町カウアイで、映写技師のアルバイトをしていたころの思い出をつづった物語。エンドロールに流れる小泉が歌う主題歌「虹が消えるまで」は、さざ波のように優しく心に響く仕上がりになっている。

映画『ホノカアボーイ』は全国東宝系にて全国公開中
posted by エンタメニュース at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もっと芸能ニュースを見るなら
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。